個展 "Golden Sheep" によせて (隼田大輔)

2018年7月7日(土)から開催中の 隼田大輔 個展 "Golden Sheep" は、

あっという間に会期折り返しに入り、残すとこあと7日となりました。

 

会期中7月14日(土)には、トークショーを開催し多くの方が関心をもって

ご来場いただきました。ありがとうございます。

 

今回のブログは、作家の隼田大輔さんより個展 "Golden Sheep"について

コメントを頂きましたので紹介いたします。

 

******

 

個展 "Golden Sheep" によせて

 

作品 "Golden Sheep" は、私がイギリスで霧に佇む羊を見たことをきっかけに、「美」という文字が「羊」から誕生したという説を知り、美の起源を求めて旅した作品です。

 

撮影は五年前に終わっていたので、そのプリント現像の準備には十分な時間がありました。他に制作しなくてはならないのは額縁です。私は以前から額縁を自作するようになっていて、初めは機械で作業していたけれど、今はノコギリと鉋、鑿で仕上げています。

 

 

 

 

額縁に使う材料は杉です。杉のような針葉樹は柔らかいので、大変傷つきやすく、欠けやすい。額縁に向いているとは言えない材料ですが、針葉樹はまっすぐに成長するので、木目もまっすぐになります。その美しさと、何よりも日本を代表する木材であるという点で選んでいます。額縁を組んだ最後には、表面の柔らかい木目を浮造り仕上げで潰し、そこに白く塗装することで、表面に細かい塗装ムラを作りました。遠目では分からないけれど、写真の中にうつっている霧が額縁にまでかかっているように見立てています。

 

また、今回は立体作品も制作しました。これは羊の撮影をしていた時に、死んだ羊の頭蓋骨が落ちていたのを発見したことから始まったものです。それを東京の自宅に持ち帰り、しばらく眺めて暮らしていました。そして、作品のタイトルを "Golden Sheep" と決めた時に、この頭蓋骨で黄金の羊を作ることに思い至りました。

 

 

黄金の羊は、もとはギリシャ神話に出てくる、王の迫害を逃れた兄弟が黄金の羊の背中に乗って空を飛び、海の向こうに逃げるという話です。私は金沢の工場に頼んで、羊に純金の金箔を貼ってもらい、そのまま飛んでいかないように檻を作りました。ギリシャ神話という古代から現代までの長い時間を表現するために、銅で作られた檻には緑青を生じさせました。純金は劣化しないので、黄金の羊はそのままです。

 

 

壁面に飾られた写真を脳で鑑賞するだけでなく、展示空間を立体化して体で感じてもらうために、展示を決めました。

 

ー隼田大輔


"Golden Sheep" 展示搬入とオープニング

 

7月5日(木) 午前3時頃、隼田さんが自身のドライブで作品を搬入。

 

額装された写真が11点、羊の頭蓋骨がモチーフの立体作品が1点、その他 展示作品のサイズ違いでプリントされたA3の写真(額装無し)と写真集「うばたま」を各所に配置していく。隼田さんのイメージで展示作業を進めていく。

 

 

夕方、5時頃に今回のアートディレクター クボタさんがご来場。隼田さんとクボタさんの間で作品についての意見交換をしつつ、展示空間の構成を更に進める。

 

 

 

照明は、クボタさん・隼田さん が話し合いながら、スタッフの深川がライトの調整作業をした。

 

クボタさんが来てから、1時間を過ぎたところで展示空間は完成した。

最後に、隼田さんとクボタさん2人で改めて展示の具合を観た後、握手を交わした。

 

 

 

 

7月7日(土) は展示初日、そして、PM 6 〜オープニングがスタート。

 

 

隼田さんのお知り合いの中にはファミリーでいらして下さっている方も参加くださった。お子様から大人まで、作品を楽しんでいる様子を見ていると隼田さんの作品には個々人の鑑賞方法の引き出しが多く内包されていると感じた。

 

 写真 :来場者の方とお話しをする、隼田大輔さん (左)

 

来場者の中には、今回の展示作品 A3サイズバーションのプリントをそれぞれ見比べながら、どれにしようか悩まれている方も多く

決められた時には笑顔を浮かべてらっしゃった。

 

(写真) オープニング風景

 

親(チカ)でも、お馴染みさんが来られワキアイアイとしながら

あっという間に終了時刻のPM 8:00。お開きとなった。

 

その10分後ほど、評論家の先生が駆けつけて下さったが

残念ながら隼田さんは一足早く打ち上げ会場に向かわれていた。

 

 

初日から本日で展示5日目を迎えた。

連日の暑さにもかかわらず、多くの方が足を運んでくださった。

 

そして、明日 14日(土)は 17時よりトークショーを開催。

写真家 隼田大輔 と ランドスケープアーキテクチャ 杉浦榮 による対談「発見する風景、創る風景」

風景を発見する写真家と、創る建築家のそれぞれの目線からお話いただきます。

どうぞ、当日参加も可能ですので作品と共に作家によるトークもお楽しみください。

(なお、椅子の数が限られているため、立見となるかもしれません。)

 

トーク詳細は下記Webページをご覧ください

http://www.kobochika.com/homepage/html/news_20180714.html

 

 

馬場隆子

深川伶華

 


レギーネ・シューマンと私

2009年、工房親 ではレギーネシューマンの個展を開催した。

蛍光顔料を混入した様々な色のオリジナルの糸のようなヒモ状の物を鍵編みで編み大きな一枚の絨毯のようにして、それを幾重にも折り重ねる。そうすると、その8cm〜15cm位の厚さの約45cmぐらいの立方体の作品となる。その作品は中から色々の光が湧き出てくる。

 

それは美しく、一見すると現代的な作品だが一針一針編み上げているというアナログ的な要素も取り入れられている所がミソ。

 

当時3歳になる(日本で誕生日を迎えた)ダリオ君を連れてご主人との3人の家族で初来日だった。

 

そして、光栄にも日本のギャラリーでの初個展を工房親(チカ)で開き、私はその作品の素晴らしさに感動し彼等を共にあちこちの美術館に行き彼女を紹介した。

 

また、ファスナーを使っている作品もあったのでYKKにも行った。

独人の彼女は小さい子を連れたりとバイタリティーにあふれた行動でした。

 

工房親(チカ)には、一度も来た事がなかったのに見取り図だけて完璧に空間を構成。

海外からなので荷物を出来るだけ少なくし現地での調達を考え急遽決まった沖縄での展示では水素入りの風船を使うなど独人らしい知恵やアイディアにも感心した。

 

そして、17年以上 時が流れた。

あの当時は可愛かったダニエル君もすっかり成長。

 

 

再び私たちは出会った。今回の日本橋タグチファインアートさんでの展示は、また進化した彼女の美しい世界が構成されていた。

 

(写真)タグチファインアートさんにて

 

(写真)タグチファインアートさんにて

 

かつて、工房親(チカ)で展示したあの鍵編みの作品は手を痛めてもう制作が出来ないとの事だった。

 

 

一期一会の出会いで私とレギーヌ2人は特に何をすることもなかったが

私は彼女とそして彼女の作品に再び出会えた事は深く心に余韻を残した。

 

それは彼女の作品の残像かもしれない・・・。

 


レギーネ・シューマン「ヒカリ!」

レギーネ・シューマン カラーミラー・レインボウ・オレンジ・バルセロナ 2018

 

会期:2018年5月29日〜7月21日
会場:タグチファインアート
住所:東京都中央区日本橋本町2-6-13
電話番号:03-5652-3660
開館時間:13:00〜19:00
休廊日:日、月、祝

 

http://www.taguchifineart.com/installations/RSinst1.html

 

 

 

 

偶然、タグチファインアートさんでの展示開始と同時期に

工房親(チカ)では「CHIKAコレクション展」を開催していたので、

レギーヌの作品も展示していることをお知らせすると17年ぶりに訪れてくれた。日本滞在最終日であった。

 

あいにく、私とはすれ違いで会えず残念でしたが

スタッフの深川さんと楽しそうに時を過ごされたようです♪

 

(写真)レギーヌさんが見ているものが、彼女の作品。方眼紙に描かれた繊細なペイントが特徴の作品です。

 

 

(写真)工房親スタッフ深川さんとレギーヌ。CHIKAコレクション展にて


尚、工房親(チカ)では明日7月7日(土)〜28日(土)まで隼田大輔展を開催。彼も工房親(チカ)で初の画廊企画展を行いアートフェア(パリ、大阪)にも出展していただいている。3週続けて彼の個展をいたしますので是非ご覧ください。



CORRESPONDENCE / LANDSCAPE 018
Self-Scape

隼田大輔 個展 "Golden Sheep"
アートディレクター クボタタケオ

2018.7.7 SAT - 7.28 SAT
OPEN 12:00 CLOSED 19:00

 (※日曜 18:00)

月・火休廊


展示詳細

http://www.kobochika.com/homepage/html/exhibition-golden-sheep-hayata-daisuke.html



馬場隆子

 

 

 

 

 


<< | 2/157PAGES | >>

Recent Posts



Archives

links

search this site.

sponsored links

mobile

qrcode

powered

        みんなのブログポータル JUGEM