パリ便り - フランスとロシアの友好 -

先日、とある住宅街をいていたら、どこからか金木犀の香りがしてきた。また空を見上げればウロコ雲。今年も何のかんの言われながらも夏が過ぎ、秋がたことを感じる。

 

今日ご紹介のパリ便りは東京がまだまだ暑かった8月にいたいつもの友人からのものだ。

 

 

 

***

 

フランスとロシアの友好

 

史建造物が連なるセヌの河沿いに、ある日、東方教会の五つの丸屋根を見ると誰が想像しただろう。エッフェル塔の足元にあたらしい時代がはじまる・・・

 

 

10年間の紆余曲折を突破してロシア正教会が完成した。コンクルで選ばれた大胆な設計はパリ市長の抗議で却下され ⋆⋆ヴィルモットの案が採用された。外壁全面をブルゴニュ産の白い石で蔽い、丸屋根は金の燦然たる輝きを抑えて白金の艶消しにしてある。イコンが壁にならぶ敬虔な堂は外光が差しこみ予想外に明るい。ロシアスピリチュアルカルチャセンタも設立され、ロシア語がべる。その落成式に予定のロシア首の姿がなかったのは、外交政策に絡んで両国間が緊迫態にったまま式の日を迎えたからである。

 

「大帝ピョル訪三百年記念展」 2017年5月―9

 

五月に新政足すると間を入れず、マクロン大統領はプチン大統領をヴェルサイユ宮殿に招いた。ピョトル大帝の訪三百年記念展にかけてである。モスクワの古ロシアに背を向け西文明に惹かれた大帝は、長期の州視察旅行を行い、ペテルブルグを建設した。1717年には、再度の視察で仏国に二か月を過ごす。 5月に幼い王と謁見、太陽王の宮殿は二回訪れてトリアノンに在している。展覧会は、ピョトルの興味が華麗な王侯貴族社より建築、運河噴水のある造園技術、ゴブラン織工場、科などにあったことを語っている。

 

 

離宮 グランドトリアノン

 

城や宮殿を誇った君主家は革命と共に消え去り、両国は共和となった。新ロシア正教会と隣接して、アフリカ/オセアニア芸術のケブランリー・ジャックシラック美術館が草木の深いの中にある。 岸にはいまやすっかり街に溶けこんだミッテラン大統領のルブルピラミッドやポンピド大統領のポンピドセンタが悠然と構えている。いずれも首した文化へのわりの証言である。

 

離宮と大運河を結ぶ並木道

 

パリにはすでに19世紀に建てられた史建造物のロシア正教会がある。

⋆⋆ジャンミッシェル ヴィルモットは東京文化村の建築デザイン家。

 

Y

 

***

 

 

 

日前に上野動物園の赤ちゃんパンダに「香香」という名前がついた。

香香はとても可愛い。まさにおもちゃの人形のようだ。

国内外で辟易とするニュスが多い中で何度見ても良い。

スポツ、アトなどの文化、動植物での際交流は全く政治とはかけ離れていないとしても大いにしてゆきたいと思う。

のパンダ外交はまさに中人らしい商上手な外交だ。

またフランスも上手にア、文化をり物にしている。

日本ももっとアト、文化を活用してゆけないものかと思う。

 

馬場隆子


【仏蘭西厨房かえりやま】田中隆史展

工房親では2010年頃より東京・赤坂にあるレストラン「仏蘭西厨房 かえりやま」にて年に3回、作家と作品を替えて食事の空間を彩ろとともにご紹介をしています。

 

そして9月からは工房親の画廊空間でも紹介してきた田中隆史さんに展示をしていただきました。

 

 

 

 

 

今回、田中さんは自身の作品のほか、オーナーシェフのかえりやまさんとのコラボレーション作品も発表しています。

 

 

 

 

-----

 

今回工房親の馬場さんより話を頂き、かえりやまさんのところでランチを頂きました。前菜の野菜の上にソースがかかっており、一口食べると野菜のうまみが口に広がり幸福な気分になりました。その時にかえりやまさんとのコラボができないかと思いました。

私はこれまで皿やコップまた野菜などを画面に置きスプレーを吹きつけ、物を取り去った後に残る影を作品や台風が通過する過程を画面に記録する作品など物の存在や現象などに強い興味を抱き作品として発表して来ました。

今回はかえりやまさんの普段の動作を絵に出来ないかと思いました。特に料理にソースを掛ける動作が面白いと思い、かえりやまさんに相談したところ即答で快諾頂きました。

そこで私が制作した陶器を砕き粒状にし、その粒子でキャンバスを造り、かえりやまさんに普段料理している同じ手つきでキャンバスにソースを掛けて(実際には絵の具で)頂き画面を作って行きました。制作工程も大変興味深くまさに料理をしている姿でした。

出来上がった作品はスペインの画家のジョアン・ミロやアメリカの彫刻家のアレクサンダー・カルダーを彷彿とさせる軽快な筆跡と色彩でした。画面からは温かさが伝わり、それは紛れもなく、何十年にもわたり料理と向き合った人の手から生まれた唯一無二の作品となりました。

かえりやまさん、ありがとうございます。

 

田中隆史

 

-----

 

 

 

 

 

田中さんの展示は11月28日までとなります。

 

食欲の秋、芸術の秋、同時にかえりやまさんで楽しまれてはいかがでしょうか?

詳細 http://www.kobochika.com/homepage/html/kaeriyama.html

 

10月からはコラボレーション作品の制作ムービーも入口横にて公開予定です!

みなさま是非お越しくださいませ。

 

上野さえ加

 

 


【絵画を考える】作家紹介

前回に続き、現在開催中の「絵画を考える」から

 

中村索、松本晶大、山崎昌次、渡邊光

 

の作品とコメントを紹介する。

 

 

 

 

 

 

「積乱雲の内側」

 

中村 索

 

今年も夏が過ぎ去っていきます。

個人的には夏が、一年間のクライマックスという気がします。

激しい風雨と、陽射しと、息の詰まるような湿度の季節は遠ざかります。

気が付けばいつの間にか、澄み渡る夜空と肌を刺す冷気に、時間の流れの静かな速度が身に染みていることでしょう。

工房『親』の展覧会に参加させて頂きました。

夏に制作した作品です。

青空と、濃い緑の季節に描いた絵ですが、モノトーンの画面になりました。

 

 

 

 

 

「無題」

 

松本晶大

 

今回、テーマが「こだわり」ということで、自分の制作を改めて振り返ってみたところ、描き方、画材、道具に、色々と自分なりのモノがあることを再認識しました。

けして高価なものや特殊な技法があるわけではないのですが、絵を描くという行為によって、自分独自の描き方、道具の使い方が出来上がってきたと思います。

 

それは、考えたり思いついたりして生まれたものでは無く、ただただ描き続ける事によって産まれてきたものだと思います。

その 中でこだわりや色々な技法は洗練されていき変化していくものだと思います。

自分としては同じ描き方、同じルーチンで描いていても、10作前の絵と今の絵では全く違うものになってるはずですし、なっていないといけないと思っています。

 

それが出来ていたらいいな…と思います。

 

 

 

 

「無題」、「4つのエスキースの内の1」、「whitelines on the green

 

山崎昌次

 

去年-2016年“時を隔てて”のタイトルのもと個展をしました。(ギャラリー現)

最後に行ったのが1988年ですからなんと29年ぶりという事になります。

いくつかの異なった時期のものを並べました。タイトルの由来です。

来年、TOKIアートスペースで“時を隔てて”の2回目を行います。新作の割合を増やします。

今回の3点はそれへの橋渡しのつもりです。

 

9月10日記

 

 

 

 

「アサガオ」

 

渡邊 光

 

小学生のころに理科の教科書に載っていた、人体の血液循環を表す図。
血管は体の左右で赤と青に色分けされ、その境目の毛細血管は紫で塗られていた。
実感はないが、私の体は左右では少し異なっていて、どこかで混ざりあっているらしい。

 ---

.薀奪儼燭硫屬咾蕕蓮5枚がくっついて1枚のように見えていることに気づく。《 パターンの繰返し》 。
5枚の花びらの中には星模様が浮かび、内側にはめしべが1つとおしべが5つ隠れている。下には種のもとが6つ包まれている。《 5と6…この境界線を探ること》 。
 
---

昨年の夏に入谷の朝顔市で買ったアサガオは、出店のお兄さんに「種がつきにくいように改良している」と言われたが、数粒だけ種が採れた。
そのうち2
粒は今年も花をつけた。

 

 

 

 

 

「絵画を考える」のシリーズはまだまだ追求していく事が沢山ある。

しかし現在の私の興味は芸術的や学術的な事ではなく、作家1人1人のその先を見ていきたい。

どんな人にでもそれぞれの人生があるように、作家も絵画に対して制作へのこだわりや考え方がある。

1人1人の作家の制作はドラスティックに変化したり、展開していく人もいる。

一方で見た目はそれほど変化していないように思える人もいるが、その中でも小さな変化を見出せる。

そのような視点で作家1人1人のこれからを見据えていきたい。

 

 

 

アーティストトークでは、最後にMCのクボタからはじまり参加作家全員が絵を連歌のように描き足し、皆で長い絵巻を完成させた。

来られたお客様の有志の方々にも参加いただいき大変楽しく終了した。

翌日、何人かの来場者に「楽しかったです。」とのメールをいただいた。

 

 

 

 

 

 

馬場隆子


<< | 2/143PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Recent Posts

links

search this site.

sponsored links

mobile

qrcode

powered

        みんなのブログポータル JUGEM