【仏蘭西厨房かえりやま】中村索展開催

昨日6月1日から、おなじみの溜池山王のフレンチレストラン「かえりやま」で中村索展がスタートした。

 

 

 

 

 

8月末までの3ヶ月間、お料理と共に珍しい中村索の作品をおおいに楽しんでいただきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

***

 

レストラン『かえりやま』展示

 

赤坂のフレンチレストラン『かえりやま』に作品を展示してきました

ガラス戸越しに通りから見える入口に近い壁に、明るめの色合いで野菜と魚をモチーフに描いた小さなキャンバスを掛けました

店内のテーブル周りには、壁の色に合わせて茶系のモノトーンのシリーズ

奥の個室には色を使った新作を飾りました

どれも小さなサイズの作品です

美味しい食事と飲み物の時間に、上手く溶け込んでくれるといいなと思います

 

雨上がりの溜池山王は午前中からアスファルトに夏を思わせる日差しが反射して、まるで世の中は平穏で何事もないかのように静かでした

 

中村索

 

***

 

 

 

 

 

中村氏の展示を観た後、日本橋に行った。

 

福室みずほ氏の個展、その他を観てから榛原に行く。

 

 

 

 

榛原は文化3年に創業以来、日本橋の今の場所で二百年以上に渡って和紙舗を営んでいる。

 

会長の中村氏は私の友人の友人で工房親にも足を運んで下さっている。

前回の漆の展示、CONTRAST展にもご来場いただいており、お店に寄らせていただく。

 

 

 

 

 

榛原は私が子供の頃、母が三越や高島屋の帰りに綺麗な千代紙を喜ぶ私を連れて行ってくれた。

その後お店がすっかりリニューアルされてからは訪れていなかったが日本の文化をそのまま残し、三河の陶器のような煉瓦のようなを積み上げた黒の建物は本当に美しく、感激した。

 

 

 

 

内装も天井が高く白と黒を中心に赤や紫(ナス紺)が効いた日本的でいながら新しいセンスでまとめられている。

 

幼い頃、母が千代紙を買ってくれたのを思い出し、私も母への土産に数枚カードを買った。

 

 

季節の菖蒲のカード

 

 

馬場隆子


【CONTRAST】西川雅典インタビュー

今週は西川雅典さんのインタビュです。

 

 

 

 

 

seed-c

 

 

石化

 

 

 

 

 

〆2鵑呂い弔發寮樟遒気鵑療玄┐半し違う点からしている展覧会ですがどのように感じられましたか?またこういう機があれば加なさりたいと思いますか?

 

普段はクラフトというか工芸という立ち位置で活動しています。用途があって、作品に人がって、時をてまた違った表情を見せていく。そうした事を大切にしたいと思っています。普段はクラフト目線で見ていただくことが多いのですが、今回はアト目線、なのでしょうか?

ト、クラフト、デザイン、工芸、、、分野の分は曖昧なところもありますが、作家やお客が何を大事にしているのか、何を期待しているのかで同じ作品でも見え方が違ってくるのかもしれません。でも、根本的なところは、あまり違いはないような感想を持っています。

今回、私の中でのは、比較的大き目の作品を複展示させていただきました。普段そうした機はあまりなく、また、クボタさんに展示をしていただいたことで、自分の作品を違った視点で改めて見つめることができ、とても新鮮な持ちでいます。

こうした機がありましたら、今後も是非加させていただきたいと思っています。

 

 

 

∈2鵑虜酩覆凌Г六ているものが多いようですが何か意味がありますか?色のイメジと形は係があるのでしょうか?

 

作品をつくる時には、工程上、形があって、その後、表面を仕上げていきます。形を決めていくときに大まかな仕上げや色のイメジをまとめていくことが多いので、形と色は一体のものです。

少し前までは、そうした構想を練る際、仕上げを赤にしようか、とかが良いか、など考えていたのですが、最近は、仕上がりのイメジというか景色というか、そうしたものが先行することが多いです。仕上げでは何層か色漆や金粉を塗ったり、蒔いたり、いだりして、空とか空間とか、光とか、そんな、色なんだけれど色ではない表情を作りたいと思っています。今回、金や銀をベスにした仕上げなのですが、周の光の加減で表情が化していく、そうした要素を取りみたくて試みています。今後、もっと深化していきたいと思っています。

 

 

 

今回、自身とのコントラストとして中西さんの作品をどう見ていらっしゃいますか?

 

漆に砂や土、一般的な漆の工程では下地になるのですが、そうした表情を巧みに作品に取りんでいると思います。私の勝手な解ですが、一見ザックリとした感じを受けるのですが、とても細な配慮がされていて、じっと見ていると色な表情が見えてきます。際の様々な種子や水や空を連想させるアクリルと一体になって、なんだか、大地や空や、ふんわりとした景色を感じることができて、そうした感性はさすが、と思っています。

 

 

 

ぅ灰鵐肇薀好箸箸糧羈象者が中西さんということで何か感想があったらお聞かせください。

 

この展覧会のお話をいただいた時、てっきり異素材の方との展示になるのだと思っていました。それが、同じ漆でしかも、大院の時の同級の中西さん。中西さんもコメントされていますが、こちらもビックリでした。中西さんと一に展示をさせてもらって、生の頃には感じることができなかった、作品の魅力や、また、中西さんの作品と自分の作品の比較をいろいろ感じることができて、とても良い機をいただいたと思っています。

 

 

 

ダ樟遒気鵑六、手がかぶれていたり漆の色が付いているようですが漆をしていて一番大な事や辛いことがあればお聞かせください。

 

私は東京芸大は大院だけの在籍で、いわゆる「漆」の基礎は弘前にある県工業試場でわりました。時の試場は津塗の職人さんがよく出入りしていました。時もやはり手に漆がついたりしていたのですが、よく、「手に漆塗ってどうするの」とひやかされていました。なので、この質問、ちょっと恥ずかしいのですが、どうも手袋をして仕事をするのが好きではなく、ちょっとずつ付いた漆が塗り重ねられて、手も漆塗になってしまうことが多いです。一、ふき取るのですが、漆はすごく薄く延びて、なかなか取りきれません。漆かぶれは昔からなのですが、今は、そんなにつらい思いをすることはありません。

漆を扱っていて辛いな、と思うことは、急いでいるのに失敗してしまったり、いくら工程を重ねても思うイメジに近づかない時でしょうか。また、作品は2か月とか3か月とか割合長い時間をかけて仕上がっていくので、形に納得のいかないまま進めてしまうと、日それがになってしまいます。

でも、その反面、うまくいく時には、固まっていく漆の化や、工程ごとに移りわる表情や、作業の時の漆のにおいまでしく感じます。これからも、そんなことの繰り返しなのかもしれません。

 

 

 

 

 

の記憶-b

 

 

 

 

 

いろいろと答えていただき西川作品をさらに深く理解したり、しめると思いました。

 

馬場隆子


【CONTRAST】中西寿美江インタビュー

5月13

 

中西寿美江西川雅典の二人の漆作家によるCONTRAST展がスタト。

 

 

 

 

この二人は同じ漆の作家で、二人とも東京藝術大の工芸科で共にんでいる。

しかしそのコントラストは興味深く、鑑賞者はその違いに相乗効を感じながらしんでいる。

 

 

 

 

今週は中西寿美江のインタビュと作品を紹介し、次週は西川雅典を紹介する。

 

 

 

 

 

かくしもつ 機↓供↓

 

 

 

 

シュシマンダラ

 

 

 

今回のテマとして、漆の可能性としているのですが中西さんは漆をアトの素材として使われていると思いますがその可能性をどう考えていますか?

 

漆は自然そのものなので、とてもさをもった素材だと思っています。

い用途があり、使用方法によってはまったく違った表情をみせてくれます。

漆はさまざまな表現方法の可能性を秘めていると思っています。

 

 

 

∈8紊寮作をけるにあたって現代アトの作家として他の素材や支持体も考えていらっしゃいますか?

 

今回の作品でも漆で表現できないことは他の素材を利用していますし、表現することが素材によって縛られてしまうようであれば、他の素材や支持体を模索することはわたしにとってはとても自然なことです

 

 

 

今回、自身とのコントラストとして西川さんの作品をどう見ていらっしゃいますか?

 

わたしの作品と違い、有機的な形で細な表現が空間に調和をもたらして、

展示場に自然な風景をつくりあげてくれたのは、西川さんの作品があってこそと思ってます。

 

 

 

ぅ灰鵐肇薀好箸箸糧羈象者が西川さんということで何か感想があったらお聞かせください。

 

する工芸親さんが選んでいただいているので不安はなかったのですが、どんな方だろうとしみにいていた比較象者が偶然にも同級生の西川さんという事はびっくりでした

 

 

 

ズ8紂△匹里茲Δ弊作やパフォマンスをなさりたいですか?よかったら今後の展開を聞かせてください。

 

今は未のいろいろなことをコントロルしないで、流れに身をまかせるように心がけています。なのでどんな展開になっていくか自分でも想像できません。どんどんと想像を超えていけたら面白いなと思ってます。

 

 

 

 


<< | 2/137PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Recent Posts

links

search this site.

sponsored links

mobile

qrcode

powered

        みんなのブログポータル JUGEM