作家インタビュー 崕娜ぁ彭

「春韻」展も本日(1月19日)を含めて残り6日となりました。(月・火を除く)

 

この度は、会期中にも関わらず馬場隆子とスタッフ深川伶華が共にインフルエンザに罹り

1月17日(水)から十分にお知らせ出来ないままギャラリーを早く閉めたり、お休みしたりと

わざわざご来場いただいた皆様・関係者にはご迷惑おかけし、深くお詫び申し上げます。

 

1月20日(日)までは、営業時間を変更しております。

作家が在廊しておりますのでお近くお立ち寄りの際にはご高覧下さい。

 

   ▶︎1月19日(土)  14:00 - 19:00    作家 | 福室みずほ

   ▶︎1月20日(日)  14:00 - 18:00    作家 | 堀部由佳子

 

なお、1月23日(水)からは通常営業となります。

皆様もくれぐれもご自愛くださいませ。

 

-----------

 

作家インタビュー,箸靴董∈2鵑蓮崙鸞射音」「福室みずほ」「堀部由佳子」を紹介いたします。

「春韻」展に向けての姿勢や、作品のこと、今後の制作についてインタビューいたしました。

 

■二村有音( Nimura Yuon )

 

・今回の「春韻」というタイトルのもと、どのような意識で制作をされましたか?


私にとって、春韻というタイトルは、「新たな波動」というイメージです。そのため、そのイメージに合うような作品にしました。また、新春の訪れなので、新たな挑戦をしたい、という意識から、言葉と絵画の関係の可能性を探ってみたいという思いがあります。それは、ずっと自分の中に在る想いでした。それなのにここ何年も忘れていたので、あらためてその自分の中の想いに気づき、作品制作に生かしました。

 


・作品についてお聞かせください。


2016年から、モノタイプという版画技法をはじめ、その技法と向き合って制作していく中で、いくつかの素材や道具を試してきました。中でも特に、どの和紙が自分の表現に合うのかに興味があって、探ってきました。今でも素材、特に和紙への興味は尽きません。
今回の作品は、その試行錯誤の過程で、産み落とされたものです。
 

「もっと感覚を信じていいんだ 1」 27.2×23.3cm モノタイプ、和紙 2007


・今回の制作にあたり、新たに試みたことや特にこだわった部分があればお聞かせください。

 

言葉と絵画の関係の可能性を探ってみたいということです。
言葉(この場合、作品タイトル)は、絵画を支えるのか、あるいは、無関係なのか。
どこか違う場所へ鑑賞者を運ぶのか、それともただ台無しにするのか。あるいは言葉遊びにすぎないのか。
 

 

 「天の川の風を感じて」 60.6×90.9cm モノタイプ、和紙 2007 

 

・今後の活動や目標をお聞かせください


続けていきたい。今はその一念です。そして、変わっていく自分の環境や状況に呼応しながら、作品も、自分も変わっていきたいと思っています。
その中で、できれば成長していきたいです。進んだように見えて、同じ地点に帰ってきていたとしても。
らせんの道のりを登り、少しは見晴しの良い場所にいってみたいと思っています。制作にはその可能性があるように思います。

 

 

▼二村有音( Nimura Yuon )

 

略歴

静岡県生まれ

バルセロナ大学(美術学部)での1年間の留学中に絵を描き始める。
2008年東京芸術大学大学院美術研究科修了。

「背骨を擦る」「目で、触って」「春韻」「December Tune」(工房親・東京)
グループ展「美浜美術展」(福井県立美術館)
「phase transition」(上野駅breakギャラリー)
アートフェア「SLIK」(フランス)

 

 

 

■福室みずほ(Fukumuro Mizuho)

 

「watershed」 91×73cm パネルにキャンバス、アクリル、顔料インク 2018

 

・今回の「春韻」というタイトルのもと、どのような意識で制作をされましたか?

 

自然光が届く空間での展示ということを意識しました。春の光が差し込んで、作品の上を移動するような時間を想像しながら描きました。

 

・作品についてお聞かせください。

 

タイトルの「watershed」は分水嶺を意味する言葉で、地下深くを流れる目に見えない現象を描きたいと思いました。
作品は2枚連作で並べた時に横への空間の広がりをより強く感じられるよう意識しました。

 

 

・全員の作品が展示された空間について感想をお聞かせください。

 

様々な表現、素材の作品が集まり、それぞれの作品の前に立った時に温度の違いも感じられるような印象を受けました。

 

 

・今回の制作にあたり、新たに試みたことや特にこだわった部分があればお聞かせください。

 

同じテーマで数年制作しています。完成させた時に次の課題がはっきりと自覚出来るように、一枚ごとに答えを出したいと考えています。

 

・今後の活動や目標をお聞かせください

 

 赤坂のフレンチレストラン・「かえりやま」にて4月まで個展を開催中です。

   (補足)工房親では、レストラン「かえりやま」での展示を行なっており、年に3回展示替えをしお食事とアートを楽しんでいただいています。詳しくはコチラのページをご覧ください。

 

 

▼福室みずほ(Fukumuro Mizuho) 

 

略歴


筑波大学芸術専門学群 美術専攻 日本画コース卒業

個展
2003〜05  ARTSPACE Arles(牛久)
2003、05、06  十一月画廊(銀座)
2006  日仏会館(恵比寿)
2008   Gallery Archipelago(茅場町)
2010  ギャラリープラーナ(恵比寿)
2011  art gallery closet(西麻布)
2012  茶茶(狛江)
2014  art gallery closet(西麻布)
2016〜18 KURUMA'rt contemporary (日本橋)

グループ展
2004  拡兆する美術TSUKUBA2004(茨城県立つくば美術館/つくば)
他多数

 

 

■堀部由佳子 ( Horibe Yukako)

 

・今回の「春韻」というタイトルのもと、どのような意識で制作をされましたか?

 

今回、春韻というタイトルからイメージを膨らませたのは、色彩でした。桜の花びらのような淡い、じんわり滲み出てくるような紅色を意識しました。
同時に、うっすらとではありますが、昨今言いようのない不安を感じていて、できれば何かの始まる“春”であるならば、絵の表情が以前よりもあかるく穏やかにあれればと願いながら描きました。

 

・作品についてお聞かせください。

 

 

「 時間州−spring1」 65.2mm×53cm キャンバス、油彩 2018

 

ノートの片隅に絵を描いたり、気分のまま落書きすることで、私たちは何気ない想いをメモしています。そう思うとメモは記憶の痕跡のようにも思えます。そのようなことからか、落書き、メモの走り書きなどになんとも言えない愛着を覚え、その“筆致”を題材に選び制作しました。
過去を振り返ると記憶は時系列から自由になって浮かんでいるように思えました。時間の空間に浮かぶ記憶の痕跡をしま(州)に例えて“時間州”とタイトルをつけました。


・全員の作品が展示された空間について感想をお聞かせください。

 

それぞれが離れた場所で描いてきたものを一堂に会することで、それぞれの絵から、また違ったイメージが引き出されたように思い、たのしく、興味深かったです。
一つの作品の中に全てがあるのではなく、作品もまた他者や場所とのコミニュケーションがあってこそ何かが見えてくるのかもしれません。展覧会はつくづく一期一会のものだと感じました。

 

「 時間州−spring3」 41×31.8cm  キャンバス、油彩 2018 


・今回の制作にあたり、新たに試みたことや特にこだわった部分があればお聞かせください。

 

久しぶりに時間州というタイトルで絵を描きました。
子どもの頃に描いた絵をモチーフにしたのも久しぶりでした。
より淡い色を意識したことと、今までは引っかいていたところ、綿棒を使ったり、ふき取ったりすることはやったことがなかったわけではないですが比較的新しい試みでした。

 

 

・今後の活動や目標をお聞かせください


今後は紙を支持体としたドローイングも描きたいです。また、そういう抜けたものを油絵の表現にコラボして展示することで、浮力感が加わったり軽やかな風合いが出てくればいいなと思います。

 

 

▼堀部由佳子 ( Horibe Yukako)

 

略歴

 

1986年 3月     東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻卒業
1988年3月     東京芸術大学美術学部版画科修了


1986年10月     小野画廊 銀座
1994年5月     なびす画廊個展 銀座 
1995年6月     ギャラリーアリエス個展 銀座
1997年5月     なびす画廊個展 銀座 
1998年2月     工房“親”個展ー企画展 広尾
1999年8月     銀座九美洞ギャラリー
2002年5月     銀座九美洞ギャラリー個展ー企画展 銀座
2003年9月     ギャラリー52三人展 飯田橋
2004年9月     韓国-Environment Art Expo Korea 2004 韓国
2005年2月     工房“親”個展 企画展 広尾
2005年7月      niche gallery 3人展 企画展 銀座
2010年10月     工房”親”グループ展、10人の視覚提言ー絵画のサイズ・絵画のイメージに参加
2011年〜      東北大震災復興支援のためのサポート展サポサポプロジェクトに毎年参加
2013年1月     工房”親”グループ展、春韻展に参加 (以降、2014年、2015年、2017年に参加)
 1月     largo個展 大阪
2015年10月     工房“親”グループ展、絵画を考えるー自然ーに参加 
2017年8月     工房“親”グループ展、LOOP展に参加
2018年9月     工房“親”グループ展、絵画を考える−時を描く−に参加
 

 

 

 

企画展
【春韻】会期:1月11日(金)-1月26日(土)
OPEN 12:00  CLOSED 19:00
※日曜・祝日・最終日 18:00 まで
休廊 月・火
 

<参加作家>
架菜梨案 小林翼 鈴木敦子 堀部由佳子 福室みずほ 二村有音 

 

「春韻」展専用ページ http://www.kobochika.com/homepage/html/exhibition_20190111.html


「春韻」展 1月11日(金)より開催

おとそ気分もそろそろ抜けて皆様も日常生活に戻られたことでしょう。工房親 馬場です。

 

本日(1月11日)より春韻展がスタートします。

 

女性アーティスト6人による華やかな展覧会で毎年この春韻展で工房親には一足早く春が訪れます。

搬入は作家さんとスタッフの深川さんが協力して行いました。その様子や展示風景を一部載せますのでご覧ください。

 

<展示作家>架菜梨案 小林翼 鈴木敦子 堀部由佳子 福室みずほ 二村有音 

 

尚、1月13日(日) 15:00-17:00は作家在廊のもとオープニングのささやかなお茶会をします。

どなたでもご参加いただける会ですのでお気軽にご来場ください。会期は1月26日(土)までです。

展示詳細ページでは、作家情報や在廊スケジュール等ご覧いただけます。合わせてご覧ください。

 

▼展示詳細ページ

http://www.kobochika.com/homepage/html/exhibition_20190111.html

 

文末には、パリからのお便りも紹介しております。

現地で開催されている『Japonismes 2018』についてです。

日仏友好160周年関連イベントについて寄せていただきました。

 

盛りだくさんにはなりますが、最後までブログをお楽しみください♪

 

▼「春韻」展示風景

 

 

△架菜梨案・福室みずほ

 

△堀部由佳子・小林翼

 

 

△小林翼・二村有音 

 

 

△鈴木敦子・小林翼

 

△架菜梨案

 

 

▼搬入風景

 

△みなさんで、色々とお話をしながら展示を進めたり、作品の事について聞き合ったりしている様子です。

 

企画展
【春韻】会期:1月11日(金)-1月26日(土)
OPEN 12:00  CLOSED 19:00
※日曜・祝日・最終日 18:00 まで
休廊 月・火
 

<参加作家>
架菜梨案 小林翼 鈴木敦子 
堀部由佳子 福室みずほ 二村有音 

 

 

▼パリからのお便り

 

イベント 『Japonismes 2018

玉座 - ルーブル美術館 ピラミッド

玉座 名和晃平    2018年7月 – 2019年1月

 

陽光が眩しい透明なピラミッド、そのミネラルな空間に玉座が展示された。身丈10mを越すモニュメントは、光背を背にした観音像あるいは神霊ののりもの神輿を連想させる。

プレゼンテーションで作家はこう語る。仏歴代王の宮殿と建築家ペイのピラミッド設計を深く尊重して構想を練り、シルクロードで結ばれた「西洋と東洋」を融合する日本文化から玉座の発想を得た。中央にある権力の座はあくまで空席で小さく、現在と未来を透視する玉眼が、正面入口側とベルベデール側に一つづつある。無限に向かって羽ばたく翼は、未来の夢を宿している。

ルーブル美術館は古代エジプト工芸技術に造詣が深い。3D印刷+金箔というアートテクノロジーに関心を示し、数千年前に遡る職人芸と対比させている。

 

日仏友好160年を記念する日本文化の祭典『Japonismes 2018:響きあう魂』が、パリを中心に約8カ月に及んで開かれている。縄文展はじめ多くの展覧会、雅楽能楽狂言などの伝統芸術から現代演劇に至る舞台公演、日本映画100年間の映像、生活文化を紹介する催し等、次々と紹介されて2019年の春まで続く。

 

(Y)

 

「Japonismes 2018:響きあう魂」のサイトはコチラ→ https://japonismes.org

 

 

 


2019年 謹賀新年

昨年は大変お世話になり衷心より御礼申し上げます。

皆様、平成最後のお正月はいかがお過ごしでしょうか ?

 

昨年の流行語大賞にノミネートされた語として「スーパーボランティア」がありました。

それには全く及びませんが、工房親 も「LOOP」という医療・福祉の現場にアート作品を展示するボランティア活動をしています。

 

工房親は1991年4月の設立以降、企画展の主要テーマは「生命 - イノチ - 」です。

その関係から2011年より必然的に「LOOP」というボランティア活動をはじめました。

 

昨年の11月3日にLOOPメンバーのF.アツミ氏によるLOOP初の勉強会を開きました。

 

▽LOOP勉強会イベントページ

http://www.kobochika.com/homepage/html/event_20181103.html

 

LOOPに協力してくれた作家8名も参加してようやく12月に感想やコメントが揃いました。

近くアップしますので、改めてお知らせをいたします。

 

△LOOP勉強会の様子

 

このように、工房親ではLOOPの活動も続けていきたいと思います。

 

是非、一人でも多くのご参加や病院・ケアセンターなどの医療福祉などをご紹介いただけたらと思います。

 

工房親、ギャラリー内では企画展として

1月に「春韻」、2月に「アウェー : 安西 剛 展」を開催いたします。

 

◆春韻

 

会期:1月11日(金)-1月26日(土)
OPEN 12:00  CLOSED 19:00
※日曜・祝日・最終日 18:00 まで
休廊 月・火
――――――――――
1月13日(日)
オープニングパーティ
15:00 - 17:00

――――――――――

 

新年最初の展示は恒例の「春韻」展でスタートです。

架菜梨案、小林翼、鈴木敦子、堀部由佳子、福室みずほ、二村有音、女性作家6人の平面作品で華やかで厳かに今年も幕が開きます。

 

▼展示詳細ページ

http://www.kobochika.com/homepage/html/exhibition_20190111.html

 

 


◆企画展 | 安西剛『アウェー』展 Tsuyoshi ANZAI Exhibition "Inaccessibility"

会期:2月3日(日)-2月28日(木)
OPEN 12:00  CLOSED 19:00
※日曜・祝日・最終日 18:00 まで
休廊 月・火・2/11

 

◇関連イベント◇
2月9日(土)
安西剛×深川雅文 トーク 
(申込不要 無料)
15:00−16:00
オープニングレセプション
17:00 - 19:00 
(どなたでもご参加いただけます。)

 

2月は恵比寿映像祭 地域連携プロジェクトに参加です。キュレーター 深川雅文、アーティスト 安西剛をお招きしての展示です。

安西剛は海外でも高く評価されてきている若手作家です。映像とインスタレーションによる安西剛の世界を是非お楽しみください。

 

下記に深川雅文氏の言葉を引用する。

-----

メディアの網が地球を覆い尽くす現代、逆に世界は見えにくさを増すばかり。作家、安西剛は、映像メディアの原点、カメラ・オブスクラの構造を持った空間を展示室に出現させる。それは、失われた世界の在りかを探す旅の入り口となるのかもしれない。( キュレーター 深川雅文)

-----

 

▼展示詳細ページ

http://www.kobochika.com/homepage/html/exhibition_20190203.html

 

 

工房親では、独自の面白い企画展を中心に次々とご紹介してゆき

一人でも多くの方と楽しい出会得るよう工房 "親" 関係者一同心からお待ちしております。

 

本年もよろしくお願いいたします。

 

△馬場隆子 (雪椿の前にて)

 

△クボタ・タケオ (龍王峡にて)

 

△深川伶華 

 

 

 

Jörg Coblenz_2005

《いのしし》

Jörg Coblenz

2005

155mm×210mm

mixed media

 

工房親 website

http://www.kobochika.com

 


2018年も、ありがとうございました。


2018年も残すところあと3日
今年は、企画展として8回さまざまな作家を紹介した。

(下線部分をクリックすると、それぞれの展示のブログに飛びます。)

 

1月 「春韻」でスタート。
2月 恵比寿映像祭はキュレーター深川雅文で「相模智之」展
4月 上野さえ加 卒業展
6月 CHIKAコレクション展
7月 隼田大輔展
9月 「絵画を考える」展

   トキ マサキ 鈴木敦子 中西寿美江 中村索 西山晴恵 根本篤志 長谷川誠 堀部由佳子
10月 KO・DA・MA展

    石田貴裕 小林晴郎
11月〜12月
   「さまざまな形、さまざまな色」

    雨宮透 石田貴裕 押鐘まどか 日下芝 きたじまたかし クボタタケオ 小林真理江 榊原勝敏 さとう陽子 西川雅典

    西山晴恵 似内美乃里 根本篤志 野津晋也 長谷川誠 花村泰江 松本晃 百瀬陽子 好宮佐知子 山神悦子

 


又、数年前から始めたレンタルも2月にはフジテレビのロケに使用、3月4月には藝大の学生さんや、女子美術大学の学生さん達や6月には多摩美術大学・武蔵野美術大学の在学生にご利用いただいた。その後夏には3人展、秋には新潟を拠点としている作家の個展や書道家の方にもご利用頂くなど6回程ご利用いただいた。

 

7年以上続いている、内藤光子担当のフレンチレストラン「かえりやま」での展示は、11月末に山神悦子個展も好評のうち終了。

 

LOOPでの展示は済生会向島病院・ふるたクリニックで行い11月3日には工房親でF.アツミ氏を迎えて勉強会を行なった。

 

その他画廊外での展示も無事終了できた。


今年4月からポスト上野で入った深川伶華。彼女はWeb環境を整えようとしている。FacebookやInstagramを始め充実させた。様々な工夫ですっかり作家さん達にもお馴染みになった。上野さえ加も学校でのハードな実習など猛勉強をしながらも工房親に時々顔を出してバックアップしてくれている。

 

最後に今年の6月に40年住み慣れた大田区から鎌倉に引っ越されたクボタタケオ。一時は引っ越し疲れもあったが今は得意の自転車で海までひとっ走りの環境に落ち着かれお気に召しているよう。


私はというと先日、母が「東京五輪の話題もメディアなどで多くなり段々現実味を増してきたらどうやら私も見られるかもしれない、と思うようになった」と言う。そう呟いた母は来年は数え年で99歳になる。「人生百年時代」と今年はあちこちで言われている母にも頑張ってもらい私も何とか「頑張らなくちゃ!」

 

とにかく多くの皆様のおかげさまで、2018年も工房親 は無事年を越せそう。

 

皆様、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

 

馬場隆子
 


残り2日「さまざまな形、さまざまな色」


本年最後の工房 親(CHIKA) の企画展もいよいよ明日22日(土)と23日(日)の2日のみとなった。

 

毎年シリーズで行ってきて今年で28回目。20名の作家の皆様にご協力頂き沢山のお客様にいらして下さり感謝申し上げます。

 

このシリーズ展はアートをより身近に、どなたにも気軽に楽しんで頂けるようにと企画して28回。若手とベテランが夫々の持ち味を出したさまざまな平面作品、更にオブジェ作品は雨宮透、西川雅典、松本晃がしっかり会場をひきしめ、そして楽しいオブジェとして押鐘まどか、榊原勝敏などが雰囲気を和ませている。そして、20名以上、50点にも及ぶ作品の展示と会場を構成し指揮するクボタタケオ。全ての人の協力で今年も工房親の第九の喜びの歌は素晴らしいハーモニーを響かせた。

 

今回展示した作品は、2019年の12月まで工房親で引き続き販売いたしますので、ご興味のある方はWebなどをご参照頂いたりお気軽にお問い合わせ下さい。但し、作品は一部の版画・写真を除いてオリジナル1点物ですので売り切れてしまうケースもございます。予めご了承ください。


----------------------------------------------------
【さまざまな形、さまざまな色】
会期:11月23日(金)-12月23日(日)
OPEN 12:00  CLOSED 19:00
※日曜・祝日・最終日 18:00 まで
休廊 月・火

展示専用ページはコチラ
----------------------------------------------------

 

 

「さまざまな形、さまざまな色」会期中の12月14日(金) 東京文化会館小ホールで PM7:00より全音楽譜出版社による演奏会「全音現代音楽シリーズ その25 室内楽コンサート 現代日本の作曲家 四人組とその仲間たち

未来の探求、過去・現在を越えて」が開催されました。この音楽会は全音さんが現代音楽に理解を持たれ今年で25回目の記念すべき時を迎えた。工房親 では本コンサートのポスター(フライヤー)を19回目の時より制作に関わり作家の作品画像を紹介してきた。この25周年記念には福室みずほが選ばれた。

 

 

小ホールのホワイエの所には恒例の1日限りの小さな展示をさせて頂いた。

 

 

演奏会はメロリスト達のパフォーマンスも素晴らしかったがデュオの演奏は私にとって更に印象深かった。

2人のアイコンタクトや呼吸を合わせ響き合うことにより音楽の醍醐味を感じた。

 

工房親は作品はもとより、展示での響き合いを常に大切にしてきて特に実感した。

 

馬場隆子

 

 

 


| 1/100PAGES | >>

Recent Posts



Archives

links

search this site.

sponsored links

mobile

qrcode

powered

        みんなのブログポータル JUGEM