CORRESPONDENCE / LANDSCAPE を振り返る

 1年を通してシリーズ企画の紹介や30周年の振り返り等、今後についてwebsiteで随時更新しておりますが、ブログでも紹介していきます。

 

今回は、「CORRESPONDENCE / LANDSCAPE」について紹介いたします。


「CORRESPONDENCE / LANDSCAPE」(風景との応答展) since1996

 

この展覧会は、工房チカのシリーズ企画展示の中でも2番目に古い歴史がある。

1996年に美術家のクボタタケオ氏と初めてタッグを組んでスタートした。

当時、これからの美術界では、映像が大きな意味や発展がある、とのことを考えて、画家から映像に興味を持ち、写真や映像作品を数多く制作してきた美術家のクボタさんに、映像を中心とした企画展示のディレクターを依頼した。

従って、最初の頃は所謂レンズを通した作品を中心に企画していた。

だが、この20年間で映像の世界は、大きな変化、発展をしチカの映像展も変わってきた。

企画展初期の展覧会では、まだまだコンピューターが珍しく、コンピューターで画像をチカの壁一面に引き伸ばした作品は多いに話題となった。

折しも、東京都で初めて写真専門の東京都写真美術館が恵比寿に出来ていた。

そのころは、今の美術館は以前の仮の建物で規模も小さかった。

数年後、恵比寿ビール工場跡地に出来た恵比寿ガーデンプレイスは、その後次々と立ち現れた六本木ヒルズや他の再開発事業の先駆けで、当時、本当に大きな話題になっていた。

写真美術館はその新しいガーデンプレイス内に移った。(東京都写真美術館、1995年総合開館)
それもその後の六本木や日本橋の先駆けだったと思う。恵比寿の町は、それ以後、急におしゃれでグルメな町の一つに挙げられるようになった。

ここ10数年以上、写真映像の町を目指して、写真美術館は、恵比寿映像祭を開催している。

2008年からスタートした恵比寿映像祭は途中から、地域の画廊やスタジオにも声をかけて、地域連携プログラムを立ち上げ恵比寿を映像の町として盛り上げてきた。

今や、当時少なかった写真や映像を紹介するギャラリーやスタジオも増えた。

工房 親も、「風景との応答」展の企画以来、1年に2割から3割近くの映像展示をしている。

その工房 親 の「風景との応答展」展も最近は大きく変化してきた。

すなわち、レンズを通して制作した風景に限らなくなり、また風景という意味の解釈も広がってきた。

今年はチカ30周年記念として、若手作家「石井絵里子」のインスタレーションを展示予定していたが、コロナウイルス感染のために1年後に延期した。

設立以来の30年中には、地下鉄のサリン事件が起きて、工房チカの最寄り駅が地下鉄日比谷線で、霞が関は近いので、その時にチカで展示セッティングしていた映像作家の地方にいらしたお母様が心配して、画廊に電話をかけてこられた。

NYのワールドセンター爆破テロ事件の時も、チカに展示のために集まっていた作家達が、まるでフィクションの映像シーンを見ているようだと、興奮しながら語っていた。

2011年の東北東関東大震災の時も、私はチカにいた。

今年は、新型コロナウイルスのパンデミックと、工房チカ設立して30年の間には、様々なとてつもない想定外の大事件があった。

それらを乗り越え新たな企画を立ててきた。

これからは良い事がたくさん起きてほしいが、そうばかりではない辛い悲しい事にもあると思う。

しかし、映像展示を続けて新しい記録を残していけたら、と気を引き締めている。

とりあえず2021年の風景はどのようになるか、期待して見守って頂きたい。


スポンサーサイト

  • 2020.09.18 Friday
  • -
  • 16:28
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
a
コメントする








   

Recent Posts



Archives

links

search this site.

sponsored links

mobile

qrcode

powered

        みんなのブログポータル JUGEM