藤村豪 個展「誰かの主題歌を歌うときに」

7月上旬、東京も1日中傘を手放なせない日に江東区白河のKANA KAWANISHI GALLERYの藤村豪さんの個展「誰かの主題歌を歌うときに」 を観に行った。(展覧会は7月18日まで。)


日本はコロナ感染の不安な中、九州は大雨で河川が氾濫したり土砂崩れが起きて、被害が広がっている。雨の脅威はさらに、近畿関東甲信越にも広がった。


藤村豪さんは、3年前に工房親で深川雅文さんとご一緒した展示「ART×BIKE」で、深川さんにご紹介頂いた作家さんだ。


この展示中には、藤村さんと自動翻訳を介した深川雅文氏(キュレーター/クリティック)との往復書簡をパフォーマンス作品として会期中に完成させる、ことも行われている。


私は、このパフォーマンスは、今回の展覧会に重要な意味を持っている、と感じた。


以下にギャラリーによる紹介文を抜粋する。

http://www.kanakawanishi.com/exhibition-026-takeshi-fujimura

_______________________________________________


藤村は「他者の経験を私たちはどのように理解するのか」、そしてその分有についてを確かに実感し得るものとして、主に写真や映像で提示する作品群を一貫して制作し続けてきました。


例えば、映像作品《同じ質問を繰り返す/同じことを繰り返し思い出す(どうして離婚したの?)》(2014年より継続)では、同じ人物に「離婚した理由を教えてください」と6年間に渡り、同じ質問を投げかけ続け、その時々で本人から紡ぎだされる言葉を映し出しています。質問をする度にその理由とそれを表す言葉が変化をする様子は、当事者と出来事の結びつきの流動性、その度に変更を求められる聞き手の理解といったものを、時の移ろいとともに示します。


本展『誰かの主題歌を歌うときに』は藤村が日常的に向かい合う出来事をモチーフに、写真、映像、そしてテキストを中心としたインスタレーションで構成されます。


届いた時にあらかた文字が消えていたポストカード、作家自身のそれとは異なる姿をした息子の左手、身近な自然現象についての探索、友人の離婚をめぐる対話。その起点をより私的なものとしながら、様々な出来事の理解のために試みた「手探りで無遠慮」な、そして「不自然な再演」についての記録の数々が紹介されることになります。

______________________________________


今回コロナ感染のパンデミックによって、藤村さんだけでなくても、多くの人々が人との距離感や関係を考えたと思う。


だが藤村さんは特別に彼独自の感性と資質で、それをみごとに展覧会で表現している。

展示方法のバランスも良く、わかりやすく、美しく観た後に爽やかさが残り、晴れない空やモワッとした空気がスッキリとしたように感じられた。


馬場隆子


*******


展覧会は終わったが、会場の様子が3Dアーカイブでご覧いただける。


▼3Dアーカイブ

https://my.matterport.com/show/?m=A5DEtekAGFL


スポンサーサイト

  • 2020.07.24 Friday
  • -
  • 17:00
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
a
コメントする








   

Recent Posts



Archives

links

search this site.

sponsored links

mobile

qrcode

powered

        みんなのブログポータル JUGEM