5月の思い出

最も美しい季節の5月は、残念ながら今年は、コロナ感染に揺れた。
ある投稿者から、以下のメールを頂いた。

 

*********************************************************

 

五月になると手にする書籍がある。それは寺山修司が10代に作った短歌、俳句、詩を

纏め、早稲田大学3年の時に、友人の努力で出版にまでこぎ着けた作品集。当時、医

者からその難病ゆえに助からないと宣告されていた。これほどの才能を、このまま埋

めさせてはならずと、友人たちの努力で寺山修司作品集として世に出た。また後に、

50歳を前にしての死から3年後に復刻版が世に送り出され、幸いにして、その一部を

入手した。

 

 

 

厚めの紙に、作品ごとに異なる字体を用い、読む効果を高める工夫もされている。ア

ポリネール詩集に見られる極端な言葉配分までとは至らずとも、試みとしては寺山修

司の多面的才能を示したようだ。

 

      五月の詩。序詞

      きらめく季節に

      たれがあの帆を歌ったか

      つかのまの僕に

      過ぎてゆく時よ

 

この句はリフレーンとして最終句の前に再度現れる、

 

 

二十歳 僕は五月に誕生した

僕は木の葉をふみ若い樹木たちをよんでみる

いまこそ時  僕は僕の季節の入り口で

はにかみながら鳥たちへ

手をあげてみる

二十歳 僕は五月に誕生した

 

*********************************************************


私には、このような文学的な思いは無い。
しかし、5月は私にとって最高な忘れられない思い出の月。
それは、我が子の誕生日月。
更に、妹の誕生日月と母の日があるからだ。

子供は、まさに五月晴れの美しい季節に誕生した。
病院の前庭には、色とりどりの花が華やかに咲き、駆けつけた主人は、新しいグリーンがかった色の背広を着ていた。

看護師が、私に祝いのメッセージなのか、「5月生まれの子供は、頭の良い子が多いのですよ」と言ってくれた。
我が子が頭がいいかどうかは分からないが、スクスク育ち、今も感謝している。

子供の日に生まれた妹は、今も一生懸命に彼女の道を歩み、活躍していて私は心からエールを送る。

体の弱かった私を必死で育てた母は、秋に満99歳の白寿を迎える。
母は、今も自宅で一人暮らしを頑張っている。

私にとっての5月は最高な月‼‼

 

馬場隆子

 

*********************************************************

       お知らせ 

*********************************************************


工房親は、新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため3月末から恵比寿のギャラリーは臨時休廊し、テレワークをしていましたが、
6月以降も引き続きテレワークを中心とした業務をいたします。

 

最新情報はWebsite をご覧いただくか、または、メール宛にお問い合わせ頂けますと幸いです。

 

▼email
info(*)kobochika.com *を@に変更の上、お問合せをお願いいたします。

皆様には、ご迷惑おかけいたしますが、何卒ご理解頂けますと幸いです。


スポンサーサイト

  • 2020.07.12 Sunday
  • -
  • 11:40
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
a
コメントする








   

Recent Posts



Archives

links

search this site.

sponsored links

mobile

qrcode

powered

        みんなのブログポータル JUGEM