La cuisine Francaise et les Arts / 中西寿美江 × 西山晴恵

目黒川を歩くと桜の蕾が見え、桜の季節もすぐそこまでやってきました。

 

今回は現在、フレンチレストランで展示中の作家2人、中西寿美江 と 西山晴恵のコメントを作品と共に紹介いたします。

 

 

●中西寿美江

今回の展示は「植物」をテーマに、西山さんとの二人展というお話だったのですが、西山さんの作品は以前から工房親さんのグループ展でご一緒させていただく事もあり、作品のテイストもよく知っていたので、どんな展示になるかとても楽しみでした。

 

レストランという食事をする空間に、あまり重たい思考の作品ではなく、遊びのように作った気軽な作品が似合うと思って作品も選んだつもりです。

 

今回あらためて制作した作品は、今までに種子をモチーフに制作した作品で、種子は時の経過とともに葉になったり、花になったり、果物になったり、形を変えて存在していくけれど、その奥にある背景のような、かわることのない存在こそが本質であり真実だという思いを込めた作品のシリーズがあり、それらの作品はいつもなら視覚を通してしか伝える事ができないのですが、今回はレストランでの展示ということもあり、視覚以外に味覚や嗅覚など五感のイメージも加えることができるかもと思って、身近にあるきっと誰もが食したことのある素材として、お茶の木や柚子の木、その種子を使って、この展示に合わせて制作しました。

 

 

西山さんの作品とは、これと言った打ち合わせなしに持参した作品がとてもよい相性で、床に作品を並べた段階で、これはよい展示になりそうと思いました。

実際に展示し終わってみると、作品どうしが響きあって偶然とは思えない相乗効果をもたらし、素敵な展示空間になったと思ってます。

 

普段は美術館や画廊に足を運ぶことのない人にも、興味を持ってもらえたら嬉しいです。

 

 

●西山晴恵

 

レストラン「かえりやま」では3度めの展示となります。前2回は個展だったのですが、今回初めて中西寿三江さんとの2人展となりました。

中西さんの作品は、種や土、植物を扱っており、以前に工房親でのグループ展で互いの作品同士を近くに設置していただいたとき、そのテーマの親和性と空間での調和に新鮮な驚きを感じました。

 

 

いつか2人展でできたら面白い、、そんな風に漠然と考えていたのですが、今回はからずしも実現の運びとなりました。

これからの芽吹きの季節、植物の営みを感じていただける展示になったと思います。

 

 

*********
 

会期は4月27日(月)までです。

アート作品とお食事を楽しまれてはいかがでしょうか*

 

La cuisine Francaise et les Arts / 中西寿美江 ×  西山晴恵
会期 | 1月10日(金) - 4月27日(月)
会場 | 仏蘭西レストラン「かえりやま」
住所 | 東京都港区赤坂2-12-11 シャルマン赤坂 1F
TEL | 03-3583-5610
アクセス | 銀座線溜池山王駅 徒歩1分
定休日 | 日曜日・祝祭日
website | http://french-kaeriyama.com 

【Lunch Time】 11:30〜14:00(L.O 14:00)
【Dinner Time】 18:00〜21:30(L.O 21:30) 

 


スポンサーサイト

  • 2020.07.12 Sunday
  • -
  • 21:36
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
a
コメントする








   

Recent Posts



Archives

links

search this site.

sponsored links

mobile

qrcode

powered

        みんなのブログポータル JUGEM