作家紹介ぁ屬気泙兇泙雰繊△気泙兇泙平А

前回に引き続き、展示作家の作品紹介い箸靴5名紹介いたします。今回で最終です。(50音順) 

 

「さまざまな形、さまざまな色」展も残り9日となりました。最終日の12/22は17時で終了となります。会期中みなさんのご来場お待ちしています♪(月・火 休廊)

 

「さまざまな形、さまざまな色」

2019.11.21( thu )- 12.22( sun )
12 - 7pm( 日曜/祝日6pm、最終日5pmまで )
休廊 | 月・火・第一水曜(12/4)

 

【紹介作家】

花村泰江

堀部由佳子

松本晃

百瀬陽子

好宮佐知子

 

_崑実拗 (Hanamura Yasue)

 

「at the window」2019 ベランアルシュ紙、木版コラグラフ 38cm × 45cm

 

 職場の窓から見下ろした、神保町のビルの間にある中学校の景色を切り取り、家庭の日常的な窓際と組み合わせた作品です。
木版コラグラフを一版多色刷りの技法であるヘイター法で刷っています。素材は、段ボールや厚紙など身近なものをコラージュして版にしています。

 

(左)「cyclamen」2019 ベランアルシュ紙、銅版画 10 × 10cm

(右)「cyclamen」2019 ベランアルシュ紙、銅版画 25 × 21cm

 

クリスマスシーズンに華やかに花屋に並ぶシクラメンを銅版画(エッチング)で制作しました。
刷り違いで、雁皮刷りを取り入れ、版画ならではの表現で色をつけました。
 

●本展で発表する作品について、新たに取り組んだ点。または、新たに発見した点についてお聞かせください。

 

どちらの作品も版数は一版ですが、雁皮刷りやヘイター法で多色刷りを取り入れて、カラフルに仕上げています。
銅版画は、今までで最小サイズの作品です。
 

●来年2020年以降の活動の目標、または、制作をするにあたっての姿勢などお聞かせください。

 

版画は工程がいくつもあります。今まではまとめて一気に制作する事が多かったのですが、これからはコツコツ毎日何かしらの作業をこなすようにしたいです。体力的キツくなってきたので。

 

 

花村泰江 HANAMUNA YASUE
1966 ボストン生まれ
1989 筑波大学芸術専門学群美術専攻卒業
1991 筑波大学大学院修士課程芸術研究修了
1995 ブラウンシュバイク芸術大学( ドイツ) 留学

2012 仏蘭西厨房かえりやま 工房親
2012 「絵画を考える」展 工房親
2013 「春韻」展 工房親
2018 「さまざまな形、さまざまな色」工房親

 

 

∨拮由佳子 HORIBE YUKAKO

「moving − tree」2019 油彩、キャンバス 33,3 × 24,2cm

 

 

動いているイメージの三角形を線描を中心にして描きました。
赤い色や木のイメージでクリスマスの風合いを出してみました。
 

●本展で発表する作品について、新たに取り組んだ点。または、新たに発見した点についてお聞かせください。

 

今回はドローイングをダイレクトに描くのではなく、描き起こすような行程をくぐらせてみました。
その結果、無意識にプカプカと浮かんでいるようなラフな線と、秩序だったといいますか、堅牢な線とを組み合わせて表現することができました。
 

 

●来年2020年以降の活動の目標、または、制作をするにあたっての姿勢などお聞かせください。

 

いろいろなことを体験し、やりたいことが絞られてきたように思います。
主に動きと線をテーマとしてよりシンプルに絵画を制作していきたいです。
 

 

堀部由佳子 HORIBE YUKAKO
1986年 東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻卒業
1988年 東京芸術大学美術学部版画科修了
1986年 小野画廊 銀座
1998年〜2018年他  工房“親”個展ー企画展
1999年他 銀座九美洞ギャラリー
2003年  ギャラリー52三人展 飯田橋
2004年  韓国-Environment Art Expo Korea 2004  韓国
2005年  niche gallery 3人展 企画展 銀座
2011年〜17年 東北大震災復興支援のためのサポート展サポサポプロジェクトに参加
TAMON賞展、第9回ホルベインスカラシップ、第3回アート公募’99企画作家選出展、 第7回日仏会館ポスターコンクール佳作、ギャラリーフィナール日仏現代作家展

 

 

松本晃 MATSUMOTO AKIRA

「melting point」2019 鉄、顔料、樹脂 43×25×4

 

 

 

鉄の地金を炉の中で融点ギリギリまで加熱していくとじわりじわりと板の表面が融解しはじめる。炉から出し、表面を被っている酸化膜を取り除くと紋様化した鉄の肌が露になる。その時、素材が今まさに動き始める様相と対面する。その様相に触発され制作した作品です。

 

●本展で発表する作品について、新たに取り組んだ点。または、新たに発見した点についてお聞かせください。

 

鉄板の表面に現れる紋様は毎回異なるものになるという発見はありました。今回の作品に用いた材料は密度の高い紋様になったものを使っています。紋様が加工の過程で消えないように金槌を使わすに木槌で成形していったので時間がいつも以上にかかりました。

 

●来年2020年以降の活動の目標、または、制作をするにあたっての姿勢などお聞かせください。

 

材料である鉄板を一端融点ギリギリまで加熱し組織を動かした上で、その結果現れた様相から全体を想像し成形していくことをしばらく続けてみようと考えています。

 

松本晃 MATSUMOTO AKIRA
1964 埼玉県川越市生まれ
1992 東京芸術大学大学院美術研究科鍛金修了
1995 同大学院芸術研究科博士後期課程満期退学

1996 個展 METAL WORKS - 地殻景- 工房親
2002 個展 METAL WORKS -TURN- 工房親
2003 現代日本の工芸作家たち展( 銀座)
2004 机上空間の為のアートワークス展 X ( 銀座)
2015 CONTRAST ( 工房親) 
2018 さまざまな形、さまざまな色(工房親)

 

 

 

ど汗ネ杙 MOMOSE YOKO

「おばけの祈り」 2019 紙粘土、アクリル絵具、油絵具 23cm ×23cm × 23cm

 

 


 

朝方の眠りで見る夢に、亡くなった家族が出てくることがあります。わたしは、夢の中でもその人が死んだことを知っているけれど、そこでは「死者」として生きている姿を見ます。生者と死者が共にいて、幸せな気分になります。

 

●本展で発表する作品について、新たに取り組んだ点。または、新たに発見した点についてお聞かせください。

 

いつもはイメージを固めて作りますが、今回は作りながら感覚を頼りに動かし、完成を焦らないようにしていきました。自分が何を描きたかったかの答えは作品の表れ方に委ねたので、リラックスした作品ができたと思います。

 

 

●来年2020年以降の活動の目標、または、制作をするにあたっての姿勢などお聞かせください。

 

生活の中に制作をなじませて、ほんの少しずつでも表現を洗練させていきたいです。

 

 

百瀬陽子 MOMOSE YOKO
2001年 - 2006年 武蔵野美術大学油絵科在籍 同大学院修士課程修了
2005年 - 2006年 パリ国立高等美術学校交換留学

主な展示
2018 『足下から空を蹴る』百瀬陽子キュレーション企画 / ART TRACE Gallery/ 東京
2017 個展 『いとしのサハー』 恵比寿映像祭関連企画地域連携プログラム / 工房親/ 東京
2016 二人展『悪夢』 / ART TRACE Gallery/ 東京

 

 

スサ楮潅了 YOSHIMIYA SACHIKO

「静かな帰り道(3月)」2019 水彩ガッシュ、白亜地、寒冷紗、パネル 20×27cm

 

 

 

暗くなってからの帰り道、大通りを抜けて住宅街に入ったとたんあたりはシーンと静まり返りました。家々からは灯りがもれ、それぞれの時間が流れているのを感じました。

 

●本展で発表する作品について、新たに取り組んだ点。または、新たに発見した点についてお聞かせください。

 

画面全体を夜の空気で覆うことで、広がりと奥行きを持たせることです。

 

●来年2020年以降の活動の目標、または、制作をするにあたっての姿勢などお聞かせください。

 

今後は、フレスコの作品ももっと制作していきたいと思います。

 

好宮佐知子 YOSHIMIYA SACHIKO
1977 東京生まれ

2005~2006 イタリア世界遺産ガッラ・プラチディア廟モザイクの保存と現地修復活動への参加
2006 東京藝術大学大学院美術研究科 博士後期課程美術専攻(壁画)修了
2015~2018 東京藝術大学非常勤講師
2017~   愛知県立芸術大学非常勤講師

賞歴
2003  第8回ADSP 資生堂
2007  Shanghai Art Fair Emerging Artists Exhibition Shanghai MART 中国 特別賞

パブリックコレクション  
台東区 東京

 

 

 

 

 

展覧会名  さまざまな形、さまざまな色

会期    2019年11月21日(木) - 12月22日(日) 


オープニング ( どなた様でもご参加頂けます。)
11月24日(日) 15:00 - 17:00 


開廊    水 - 日   12:00 - 19:00
      (日曜/祝日は18時まで。展示最終日12/22は17:00まで。)

休廊    月・火・第一水曜(12/4)

会場    工房親

      〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿 2-21-3

TEL / FAX 03-3449-9271

交通    地下鉄日比谷線「広尾駅」2番出口 徒歩6分

      JR山手線「恵比寿駅」西口 徒歩15分 

      渋谷より都バス06 新橋行・赤羽橋行「広尾5丁目」下車 徒歩3分

Website   http://www.kobochika.com

 

 

 


スポンサーサイト

  • 2020.01.19 Sunday
  • -
  • 16:01
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
a
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Recent Posts



Archives

links

search this site.

sponsored links

mobile

qrcode

powered

        みんなのブログポータル JUGEM