LOOP Art Hospitality 2019

工房親では、ボランティア活動「LOOP Art Hospitality」を2011年にスタート。

 

 

LOOP Art Hospitality (以下 LOOP) は医療・福祉の現場にアート作品を展示することで、来院者の方々にやすらぎを感じていただくと同時に、病院・施設内の従事者間で思いやりのある繊細なコミュニケーションが生まれる雰囲気をつくることを目的としています。


アーティスト・病院・ギャラリー・コラボレーターの輪によって、事前にニーズや課題をヒアリングしたうえで、それぞれの現状に相応しいコンテンポラリー・アートの作品をお届けすることでアートがもつ癒し(ケア)を生かしたHospitalityをお届けいたします。

 

LOOPの活動詳細は工房親websiteをご覧ください。

 

▼LOOP Art Hospitality 

https://www.kobochika.com/homepage/html/loop.html

 

今回は現在開催中(10/1〜12/29)でLOOPに参加下さっている「ふるたクリニック」で、LOOPの活動に参加下さっている作家の鈴木敦子さんの展示について紹介いたします。

 

 

古田クリニックはずっと展示にご協力くださっていて

LOOPは単にアート作品を展示するのみでなく、鑑賞者とインタラクティブに交流も目指しています。

 

鈴木敦子さんはLOOP展に何度も展示下さっている作家の1人で直接作品に触れる作品を展示することもあります。

 

▼LOOP展昨年2018年に展示した触れて楽しむ作品「まる・さんかく・しかく」

 

 

今回の展示では直接、作品に手で触れる事は出来ないながらも、ダンボールの作品6点は水の流れを目で追っていけたり、作品のキラキラしたラメの線を追うとその流れがわかる。

 

▲「The water」シリーズ6点
 

今回の展示についての作家 鈴木敦子さんのコメントを紹介いたします。

 

 作品は自然を題材にしています。

これからの季節に合わせて、手仕事のあたたかさを感じる作品を選びました。

制作を通して絵を描くこと、ものを創造することの楽しさを日々、感じています。

ご覧いただきお楽しみいただけたら嬉しいです。

                                

 

「ふるたクリニック」では、作品を観に来たと受付で話すと、どなたでも展示を観られます。

12/29まで。是非、ご覧ください。

 

▼ふるたクリニック

〒215-0011
神奈川県川崎市麻生区百合丘1-19-2司生堂ビル1F
044-959-5116

 

https://www.furuta-clinic.jp/access.html

 

小田急小田原線 百合ヶ丘駅 南口より徒歩2分


 

LOOPの活動についてご興味のある方や、アートと医療について考えること等、ご意見その他お気軽にご連絡くださいませ。

お問合せ先〉〉〉 info(*)kobochika.com  ※ (*)を@に変更下さい。

 

 

次回のブログは、10月18日(金)から開催する企画展「Kontrapunkt」についてです。

オープニングは10月18日(金)18:00−20:00。ブログをご覧のみなさまもお気軽にお立ち寄りください!

 

▼企画展「Kontrapunkt」展示詳細ページ

https://www.kobochika.com/homepage/html/exhibition_20191018.html

 

 

馬場隆子

深川伶華


スポンサーサイト

  • 2019.11.08 Friday
  • -
  • 15:06
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
a
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Recent Posts



Archives

links

search this site.

sponsored links

mobile

qrcode

powered

        みんなのブログポータル JUGEM