「春韻」展 1月11日(金)より開催

おとそ気分もそろそろ抜けて皆様も日常生活に戻られたことでしょう。工房親 馬場です。

 

本日(1月11日)より春韻展がスタートします。

 

女性アーティスト6人による華やかな展覧会で毎年この春韻展で工房親には一足早く春が訪れます。

搬入は作家さんとスタッフの深川さんが協力して行いました。その様子や展示風景を一部載せますのでご覧ください。

 

<展示作家>架菜梨案 小林翼 鈴木敦子 堀部由佳子 福室みずほ 二村有音 

 

尚、1月13日(日) 15:00-17:00は作家在廊のもとオープニングのささやかなお茶会をします。

どなたでもご参加いただける会ですのでお気軽にご来場ください。会期は1月26日(土)までです。

展示詳細ページでは、作家情報や在廊スケジュール等ご覧いただけます。合わせてご覧ください。

 

▼展示詳細ページ

http://www.kobochika.com/homepage/html/exhibition_20190111.html

 

文末には、パリからのお便りも紹介しております。

現地で開催されている『Japonismes 2018』についてです。

日仏友好160周年関連イベントについて寄せていただきました。

 

盛りだくさんにはなりますが、最後までブログをお楽しみください♪

 

▼「春韻」展示風景

 

 

△架菜梨案・福室みずほ

 

△堀部由佳子・小林翼

 

 

△小林翼・二村有音 

 

 

△鈴木敦子・小林翼

 

△架菜梨案

 

 

▼搬入風景

 

△みなさんで、色々とお話をしながら展示を進めたり、作品の事について聞き合ったりしている様子です。

 

企画展
【春韻】会期:1月11日(金)-1月26日(土)
OPEN 12:00  CLOSED 19:00
※日曜・祝日・最終日 18:00 まで
休廊 月・火
 

<参加作家>
架菜梨案 小林翼 鈴木敦子 
堀部由佳子 福室みずほ 二村有音 

 

 

▼パリからのお便り

 

イベント 『Japonismes 2018

玉座 - ルーブル美術館 ピラミッド

玉座 名和晃平    2018年7月 – 2019年1月

 

陽光が眩しい透明なピラミッド、そのミネラルな空間に玉座が展示された。身丈10mを越すモニュメントは、光背を背にした観音像あるいは神霊ののりもの神輿を連想させる。

プレゼンテーションで作家はこう語る。仏歴代王の宮殿と建築家ペイのピラミッド設計を深く尊重して構想を練り、シルクロードで結ばれた「西洋と東洋」を融合する日本文化から玉座の発想を得た。中央にある権力の座はあくまで空席で小さく、現在と未来を透視する玉眼が、正面入口側とベルベデール側に一つづつある。無限に向かって羽ばたく翼は、未来の夢を宿している。

ルーブル美術館は古代エジプト工芸技術に造詣が深い。3D印刷+金箔というアートテクノロジーに関心を示し、数千年前に遡る職人芸と対比させている。

 

日仏友好160年を記念する日本文化の祭典『Japonismes 2018:響きあう魂』が、パリを中心に約8カ月に及んで開かれている。縄文展はじめ多くの展覧会、雅楽能楽狂言などの伝統芸術から現代演劇に至る舞台公演、日本映画100年間の映像、生活文化を紹介する催し等、次々と紹介されて2019年の春まで続く。

 

(Y)

 

「Japonismes 2018:響きあう魂」のサイトはコチラ→ https://japonismes.org

 

 

 


スポンサーサイト

  • 2019.06.14 Friday
  • -
  • 19:06
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
a
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Recent Posts



Archives

links

search this site.

sponsored links

mobile

qrcode

powered

        みんなのブログポータル JUGEM