10月20日(土)まで「KO・DA・MA<響き合う影> 」展

「KO・DA・MA<響き合う影> 」展は石田貴裕、小林晴郎両名の「影が面白い」という所でこの企画を考えた。

 

10月7日(日) トークとオープニングレセプションを行った。

(過去ブログ: 作品紹介はコチラ、セッティング風景などはコチラ)

 

▲(左)小林晴郎 (右) 石田貴裕

 

しかし、石田貴裕、小林晴郎はつい先日まで何の接点も無ければ会った事すらなかった。ここに彼等のメールのやりとりの一部を紹介する。(文章は抜粋)

 

――――――――――

2018年6月30日
石田貴裕様
この度は、お世話になります。
関東では、昨日が梅雨明けだったようで、晴れて厳しい暑さの一日になりました。
岩手は、いかがでしょうか
「KODAMA」の準備は進んでいますか?
僕は、これから急いで始めます。

(…省略…)
作品やこの展示についてメールでやりとりする形でいいですか?
今、石田さんに聞きたいことをリストアップしていますので、できあがったら送りますね。
では
小林

――――――――――

 

2018年7月1日
小林様、お世話になります。
ご連絡ありがとうございます。
メールでのやり取りで構いません、リストアップして頂ければとても助かります。
未だ手探り状態で何から手をつければいいか、
あやふやですので、ご迷惑おかけする事もあると思いますがどうかよろしくお願いいたします。

 

――――――――――

 

知らない作家同士がユニットを作り展覧会を創るのは「大変では?」と思う人が多い。当の二人もそう思っていただようで上記のようなやり取りをしたのであろう。

しかし、その点はあまり心配していなかった。JAZZのJAM SESSIONが音やリズムを互いに聴き合い取り合いどんどん展開していけるように考えていた。今回はあくまでも彼らに共通の影の面白さで企画をたてた。

 

しかし「影」とは・・・多くの疑問があり展開、発展させられるテーマだ。ギリシャ哲学者は「影こそリアル」だと言ったらしい。「・・・の影におびえる」とか、昔流行った演歌に「幻の影を慕いて・・・」という歌詞があったような?と考える。

 

この二人の作家がこれからテーマを掘り下げ陰影のそれともある哲学的作品を取り組むのか、目を楽しませる影絵制作をしていくのか。私は見守り応援してゆきたい。

 

展示は明日10月20日(土)18:00までです。最終日には作家 小林晴郎が16:00から在廊予定です。

ご来場お待ちしております。

 

――――――――――――――――――――

企画展「KO・DA・MA 〈響きあう影〉」

 

小林晴郎・石田貴裕

会期:10月6日(土)-10月20日(土)
OPEN 12:00  CLOSED 19:00
※日曜・最終日 18:00 まで
休廊 月・火・10/8

――――――――――――――――――――



スポンサーサイト

  • 2019.06.14 Friday
  • -
  • 10:00
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
a
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Recent Posts



Archives

links

search this site.

sponsored links

mobile

qrcode

powered

        みんなのブログポータル JUGEM