時の流れ

 

前回「アートのある暮らし」をブログで紹介したところ、「日本も欧米のように、暮らしにアートを取り入れて楽しむようになったようで嬉しい」との感想をいただいた。

 

日々の暮らしに直接どうしても必要でないアート(歌、音楽、踊り等含めて)実は無駄のようで人間の生活や暮らしに身近にあって大切だと気付く人が多くなったのではないか、と私も前向きに捉えている。

 

秋の展示スタートは、アーティストにとって「時」とは何か?絵画においての時間とは?それらをテーマに男女4人ずつ計8人に制作してもらい2018年の絵画を考える展を開催。

 

 

 

 

 

7日に搬入をし、初日の8日にアーティストトークとレセプション。

 

 

アーティストトークでは作家1人1人の「時」に対する面白い意見が出て楽しいトークとなった。

それぞれがバラバラなアプローチでありながら、作家の根底にあるものに触れられたようで私にとっては大変興味深かった。

 

 

トークの中では、「私がみた最初の風景」をその場で描いてトークする一場面もありました。

 

トーク最中には、「私がみた最初の風景」をその場で描いてお話をする一場面もありました。

 

 

そして、私はそこに「時」を感じた。1991年の4月3日に工房親をオープンして以来、27年が経った。

そういう「時」の流れの中に今回の制作者であるアーティストと出会いその中の何人かはもう20年を迎える。

 

「時」とはまさに、その人によってその状況によって一秒千秋だったり光陰矢のごとしと変化する。

 

「このテーマで来年の『絵画を考える』も再びやるか・・・」なとと考えている。

 

馬場隆子

 

なお、『絵画を考える』展では毎年アーティストトークの内容を冊子にまとめております。これまでの冊子の一部をギャラリー内でご覧いただけます。今年度の冊子をご希望の方はギャラリーへお問合せください。

 

 

 

-------------------------------------------------

シリーズ企画「絵画を考える」

 

「時を描く -絵画表現での時間性-」

会期: 9月8日(土) - 9月29日(土) 

OPEN 12:00  CLOSED 19:00
※日曜・最終日 18:00 まで
休廊 月・火

 

http://www.kobochika.com/homepage/html/exhibition_20180908_0929.html

-------------------------------------------------

 

 


スポンサーサイト

  • 2018.11.09 Friday
  • -
  • 16:01
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
a
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Recent Posts



Archives

links

search this site.

sponsored links

mobile

qrcode

powered

        みんなのブログポータル JUGEM