展覧会、前期を振り返る

 日々、体温に近いような猛暑でメディアでは連日、熱中症という言葉を聞かない日はなかったような今年の7月、8月。台風の影響で幾分涼しい日もあるが、暑さにも台風にも負けずお陰様で工房親(チカ)の前期展示は終了した。ここで、8ヶ月を振り返る。

■「春韻」展 1月12日 - 1月27日 
毎年、新年の幕開けは女性の画家による「春韻」展。

大森牧子、架菜梨案、鈴木敦子、清田悠紀子、福室みずほ の5名は会場鮮やかで華やかにしてくれた。

 

 

▲鈴木敦子、清田悠紀子、大森牧子

 

▲福室みずほ

(「春韻」展過去記事はコチラ )

 

 

■仏蘭西レストラン「かえりやま」での展示 1月6日 - 3月

「春韻」にも同時に展示している架菜梨案さんが「かえりやま」でも展示 

 

▲左: 架菜梨案さん 右:オーナーシェフのかえりやま氏

(過去記事はコチラ)

 


■相模智之「Behind Closed Doors」恵比寿映像祭地域連携プログラム 2月1日 - 2月25日
深川雅文氏による、相模智之展「Behind Closed Doors」は昭和や大正の古い団地やアパートの風景に様々な年齢の方がご来場。

年齢の上の方は懐かしがり、若い方も憧れてみてくださった。
 

 

 

会期中には、相模智之と深川雅文氏によるトークイベントを開催。

 

 

(相模智之「Behind Closed Doors」展、過去記事はコチラ)

 


3月
若い学生による自主企画が2本。そして、ギャラリー外では店内装飾替え。

 

■「pot-au-feu(ポトフ)」3月11日 - 3月17日

東京芸術大学デザイン科2年生による美術作品展は若々しくてフレッシュ。

 

 

 

(「pot-au-feu」展、過去記事はコチラ)

 


■「木になる」3月23日 - 3月25日

女子美術大学ヴィジュアルデザイン専攻・立花文穂ゼミ9期生による卒業制作展

なかなかパワフルでそれぞれ卒業後のこれからに向かっての展示でした。

 


「らせんを歩く」渡邉彩乃 Ayano Watanabe

 

「あなたへ」金秀美 Sumi Kim 

 

(「木になる」展、過去記事はコチラ)

 

 

■店舗装飾替え 3月 - 10月(予定)

▲クボタタケオの作品「グリーン」と「せっけん」の写真

 

▲架菜梨案作品と阪本あや子の作品

 

(店舗装飾替え、過去記事はコチラ)

 

 

 

■「追憶」
4月は何と言っても工房親のスタッフとして働いていた上野さんの卒業展。

すごく忙しかった中たくさん制作し展示。何より驚いたのは工房親のお客様、作家さん達が

本当にたくさん来てくださり上野さんが多くの皆様に慕われていたことを感じた。

 

 


 

(「追憶」過去記事はコチラ)

 


6月はコレクション展と、ギャラリー外では済生会向島病院で  "LOOP" の活動、レストラン「かえりやま」での展示。
 

■「CHIKAコレクション」6月1日(金) - 6月16日(土)

コレクション展は4月から親の一員の深川伶華がセレクション。

懐かしい作品も数々あり、親の歴史を感じる展示。

偶然ダクチファインアートでの展示のため来日していたレギーヌ・シューマンも観に来られた。

 

 

▲レギーヌ・シューマン

(「 CHIKAコレクション」、過去記事はコチラコチラ)

 

■「LOOP」6月15日〜9月(予定)

▲大島利佳「chat over a cup of tea」

 

▲渡辺光「Vine」

(ホスピタリティアート "LOOP" 、関連記事はコチラ)

 

 

■仏蘭西レストラン「かえりやま」6月1日(金) - 8月31日(金) 

▲左: 鈴木敦子「Untitled」 右: 堀部由佳子「flower ーブラックコスモス」

 

▲榊原勝敏: 左(小作品10点)「ハナ湯」 右(大きな花1点)「ハナスベリ」

(「かえりやま」、過去記事はコチラ)

 

 

■「桃と花余白を読む」6月24日 - 7月1日

大渕花波(多摩美術大学絵画学科)と佐藤桃子(武蔵野美術大学造形学部油絵学科)による2人展「桃と花 余白を読む」を開催
若い女性二人らしいおしゃれさの中にアートに対しアグレッシブさもあり面白い展示となった。

 

▲大渕花波



▲佐藤桃子

 

(「桃と花余白を読む」過去記事はコチラ)


■隼田大輔 個展 "Golden Sheep" 7月7日 - 7月28日

 

「CORRESPONDENCE / LANDSCAPE」は映像を中心とした企画展で、

1996年にクボタタケオと共にスタートし、今年は隼田大輔の個展 "Golden Sheep"を開催した。


7月に入った途端、異例の暑さだが、画廊内は涼しく静かで爽やかな隼田さんの世界ができていた。

最終日はあいにく台風と重なったにもかかわらず多くの方々が見に来てくださった。


 

 

会期中には、ランドスケープアーキテクチャー(景観・都市デザイン)の杉浦榮氏を迎えて

隼田さんと2人のトークを行った。

 

 

(「 Golden Sheep」、過去記事はコチラ)


■「Feature Art 3人展」7月31日 - 8月6日

上半期の最後はJUN、福田理代、 前田ゆりの3人による切り絵と紙の上に色鉛筆とペンで書いた細かい絵。

3人三様の作品がそれぞれで興味深い展示で締めくくれた。

 


 


工房親(チカ)は、8月8日〜8月21日まで夏季休廊。

後期、1回目は2010年より毎年開催している「絵画を考える」展。

今年のテーマは「時を描く -絵画表現での時間制-」で8人の作家がそれぞれ作品を発表します。

 

各作家によるコメントについては、下記ページをご覧ください!

http://www.kobochika.com/homepage/html/exhibition_20180908_0929.html

 

では、またみなさんとお会いできるのを楽しみにしています。

良い夏をお過ごしください♪

 

馬場隆子








スポンサーサイト

  • 2018.12.14 Friday
  • -
  • 11:41
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
a
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Recent Posts



Archives

links

search this site.

sponsored links

mobile

qrcode

powered

        みんなのブログポータル JUGEM