仏蘭西レストラン「かえりやま」展示について

先週から梅雨に入り、本日も一日中雨模様です。幼い子が「でんでんむしむし〜かたつむり〜♪」と楽しそうに唄いながら街を歩いてました。みなさんの梅雨ソングは何でしょうか? CHIKA 深川です。

 

今回は、仏蘭西レストラン「かえりやま」で6月1日から開始した展示について作家のコメントと共に紹介いたします。

 

-------------------------------------------------

会期: 6月1日(金) - 8月31日(金) 

作家: 榊原勝敏、鈴木敦子、堀部由佳子

場所:仏蘭西レストラン「かえりやま」

        http://french-kaeriyama.com

【Lunch Time】 11:30〜14:00(L.O 14:00)
 【Dinner Time】 18:00〜21:30(L.O 21:30)

定休日: 日曜・祝日

-------------------------------------------------

 

今回のテーマは「花」

 

「かえりやま」さんの扉を開けると、早速鈴木敦子さんの作品がお出迎え。入り口には、主に鈴木敦子さんの作品が展示されています。「どこに作品があるのか探しながら、お料理と共に楽しんでいただけたら幸いです。」と鈴木さんからのコメント。

ブログでは少し種明かししてしまいますが、皆様には実際に足を運んで「食とアート」を楽しんでいただけたらと思います♫ 


人気なお店のため、お越しの際には事前にご予約を推奨いたします! 

また、展示だけ観ることも可能ですのでその際には「かえりやま」さんのスタッフさんにお気軽にお声がけください。

 

 

鈴木敦子 左: 「Flowers1」  右: 「Untitled」

 

 

左: 堀部由佳子 「flower ーアジサイ」 右: 鈴木敦子「Flowers2」

 

 

鈴木敦子 左:「Flower」 右「Flowers3」

 

テーブル席の空間には、堀部由佳子さんと榊原勝敏さんの作品がそれぞれ華やかな空間を作り出しております。

 

 

堀部由佳子: 左「flower ー花とかびん」 中央「flower ーサルスベリ」 右「flower ーバラ」


作家コメント「花の神秘に飽くことがありません。習いたいと願いながら描きました。」

 

 

榊原勝敏: 左(小作品10点)「ハナ湯」 右(大きな花1点)「ハナスベリ」


作家コメント「花は美しく怖いもの、人は花に吸込まれ癒されそこから誕生する。」

 

作家が捉える「花」と「人」の関係についての考察が大変興味深く感じられる作品です。

 

 

個室では、鈴木敦子さんと堀部由佳子さんの作品が展示されています。

展示だけ観にきてくださった方は、個室にお客様がいない時のみ観ることができます。

 

 

左: 鈴木敦子「Untitled」 右: 堀部由佳子「flower ーブラックコスモス」

 

 

テーマ「花」について作家がそれぞれ想いを巡らし制作した作品を是非ご覧ください。

 

これまで、長きに渡って「かえりやま」さんで展示をさせていただいていますが

今回は初めて「グループ」での展示となりました。最後に作家へ、グループ展に参加いただいた感想を伺いました!

 

榊原: フランス料理とお客様、そして作品がどう調和するか楽しみです。

鈴木: グループ展ならではの新鮮な空間となり、刺激を受けております。

堀部: おいしいお食事や、語らいと、良いハーモニーが奏でられれば幸いです。

 

みなさん、食とアートという空間にご自分の作品を展示されたこと自体に新鮮さを感じると共に、お互いの作品にも刺激を受けたようです。

 

深川伶華

 

 


スポンサーサイト

  • 2018.11.09 Friday
  • -
  • 23:26
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
a
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Recent Posts



Archives

links

search this site.

sponsored links

mobile

qrcode

powered

        みんなのブログポータル JUGEM