「追憶」について

 

現在、工房親で開催中の上野さえ加個展「追憶」もいよいよ残り2日となりました。

 

 

 

 

今回の展示では、初めて写真を使った制作をしました。

一眼レフカメラを持ちはじめたのはつい最近のことで、言ってしまえば初心者です。かっこいい撮り方や特殊な撮り方はわからず、私は見たもののありのままを写すことしかできません。

 

それが今回、記憶を辿る上での「現実の記録」に実はもってこいなのではないかと考えました。

 

 

 

 

 

私が残したいと思った瞬間にシャッターをきり記録する。

しばらくしてその写真に対する記憶を辿った時にシャッターをきった瞬間とは違う色をそのものに対して感じます。

それを記憶の薄れや上書きの表れとしてパテとアクリル絵の具を重ねて色をつけました。

 

 

 

 

 

そういった制作の中で、自分の記憶に対する曖昧さや思考の身勝手さ、そして変化を感じました。

打ち消そうとする色や理想に近づけようとする色、皮肉さを持つ色など様々な意味を持つ色が広がった今回の制作では現実と意識の中でのやり取りが目まぐるしく行われました。

 

今回の作品たちに関して、それぞれの記憶というのはポジティブイメージとネガティヴイメージが約半々ぐらいの割合で展示されています。

 

タイトルやコンセプトから、なんだか辛気臭い展示になりそうだな…と予想していたのですが、いざ作品が完成してみるとそれぞれがそれぞれの色を持ってカラフルな展示になり、設営を終えて直感的に感じたことは「おもちゃ箱みたいだな」でした。

 

「おもちゃ箱」というのは自分にとって大切なものを大雑把に放り込んだ箱という認識です。

そう考えると、ポジティブ・ネガティヴ、どちらの記憶も私にとっては既に大切な記憶に変わっていて、でもそれらもきっとこの先また別の色を持ってずっと私の中の箱にしまわれていくようなものたちなのだろうと思いました。

 

 

 

 

 

 

私はこの春から保育や福祉の資格を取るための専門学校に通っています。

工房親での経験や自分の体験を通して、「人」というものについて学び、より人の心に寄り添った形を求めてこの道を選びました。

決して美術の分野から離れるというわけではなく、知識と経験を積んでゆくゆくはギャラリストという形でこの業界に戻ってきたいと思っています。作品制作は少しずつでも続けていきます。

 

そんな私の第一歩目を見に来てくださった皆さま、本当にありがとうございました。

未熟者ながら精一杯、そして、やりたい放題させていただいた展示です。

次にお目にかかる時はさらにパワーアップした姿をお見せできるよう前に進んでいきます!

 

 

 

 

最後に、

 

工房親での3年間は私にとって本当にかけがえのない時間でした。

みなさんとの時間、学び得たこと、自信を持てたこと、悔いたこと、そのどれもが今の自分に繋がっています。

 

お世話になった全ての方々と、最後の最後までこのような機会をいただき私の人生に優しく寄り添ってくださった馬場さんに感謝を込めて。

 

 

 

上野さえ加


スポンサーサイト

  • 2018.10.19 Friday
  • -
  • 23:17
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
a
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Recent Posts



Archives

links

search this site.

sponsored links

mobile

qrcode

powered

        みんなのブログポータル JUGEM