ポンピドゥー・センター 40周年

3月も終わりに近づき、東京では季節外れの雪や夏日に驚かされたが、桜は満開を迎え、過ごしやすい気候となった。

 

今日はパリの知人から届いた便りを紹介する。

 

 

 

*****

 

アンドレ・ドラン展 / セザール回顧展   2017-2018

 

一夜にしてセンターの前にセザールの親指が現れた。開催中の会場から抜け出たようで、青銅に金箔の6mは人目を引く。セザールは15年間美術学校で学んだ。大戦後の荒廃した街工場で鉄くずを拾い集め、それで形を造ることから出発する。その後、産業や素材の発展に伴い工場が彼のアトリエとなる。廃車処理の油圧プレスで自動車を丸ごと押しつぶし、人体を型取り、ポリウレタンを発泡させ、プレキシグラス内に日用品を閉じ込める。次々と楽観性を帯びた大胆な制作を試みた。

従来の彫刻の概念をくつがえした彫刻家であると同時に、ピカソ、ジャコメッティの後継者でもある。神話の世界からも離れなかった。半世紀に及ぶ作品群には、古典美と現代性との微妙な交感が感じられる。彼の肖像といわれる自身の親指の最大は、パリ郊外のラ・デファンス地区にある。高層ビルの谷間に屹立する12mは圧巻で、セザールの二十世紀への挑戦を象徴するようだ。2018年は彼の死後20年目にあたる。

 

ルネ・マグリット特別企画展       2016-2017

 

センターの辺りはボーブールPlateau Beaubougという名の古い地区で、映画や本に出てきたパリの胃袋こと中央市場がすぐ隣にあった。その百年来の卸売市場が時代とともに窒息状態に陥り、ついに市外へ「世紀の引越し」を強要される。ボーブールにも近代化の波は押し寄せ、ブルドーザーがXX %の庶民生活を一掃した。

 

就任したポンピドゥー大統領の強い願いは、パリ市に新しく現代の美術館をつくることだった。唯一の可能性はボーブールで、予定の公共図書館の建物に現代美術と文化活動を合流させ、全体を総合文化センターとすることに決める。レンゾー・ピアノ他二名の建築設計で1971年着工した。3年後大統領の交代で計画そのものが中断しかけたが、第一首相の介入があって工事は続行する。それは文化に斬新なものをとり入れる国家事業だった。*ジョルジユ・ポンピドゥー国立美術文化センターは1977年1月に完成をみた。翌2月からの一般公開に人々が殺到したのは言うまでもない。

 

40周年 モダンアート・パレード  2017

 

マグリットのピノキオを先頭に、エルンスト、デ・キリコ、ムンク、ブラウナー、マレヴィッチなどの絵から抜け出た人物たちが、ボレロの曲で行進をする。ポンピドゥー・センターは 2017年2月に開設40周年を迎えた。40年間に一億を超える人々を惹きつけ驚かせ、挑発し歓迎し、彼らに問いや感動を与えてきた。75件ばかりの記念祭の行事や展覧会が40都市に用意された。*ポンピドウー・センター・メッス別館は『ジャパン-ネス 1945年以降の日本の建築と都市計画』『日本のシーズン』で日本色に染まる。る

 

常設の近現代美術館、図書館閲覧室、映画アトリエ劇場、IRCAM・国立音響音楽研究所(別の建物)等に加えて、年間およそ25件の展覧会が開かれる。むき出しの機能構造に酷評は残るが、文化活動への評価は高い。ガラス面、室外の廊下やエスカレータ―からは歴史のパリを360度見渡せる。ボーブールのいにしえの姿は、近くの教会裏の古風な名の小路や彫りが残る家屋などに、断片的に残っている。

 

(Y)

 

デイヴィッド・ホックニー回顧展    2017

 

40周年を含む近年の主な展覧会

  • 12/2015-04/2016:アンゼルム・キーファー展
  • 04/2016-08/2016:パウル・クレー回顧展 Ironie à l’œuvre
  • 06/2016-01/2017:ルネ・マグリット特別企画展La Trahison des Images 
  • 11/2016-04/2017:サイ・トゥオンブリー回顧展
  • 04/2017-08/2017:ウォーカー・エヴァンズ回顧展
  • 06/2017-10/2017:デイヴィッド・ホックニー回顧展
  • 09/2017-05/2018:*日本のシーズン(ジャパン-ネス/ジャパノラマ/ダムタイム)
  • 10/2017-01/2018:アンドレ・ドラン1904-1914・La Décennie Radicale
  • 12/2017-03/2018:セザール回顧展   

 

*ジョルジユ・ポンピドゥー国立美術文化センターの通称名:Centre Pompidou、Centre Beaubourg、略してBeaubourg:ポンピドゥー大統領は在職中1974年没 / ポンピドウー・センター・メッス別館 http://www.centrepompidou-metz.fr 日本語有

 


スポンサーサイト

  • 2018.04.21 Saturday
  • -
  • 13:51
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
a
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

Recent Posts

links

search this site.

sponsored links

mobile

qrcode

powered

        みんなのブログポータル JUGEM