まとめとしての自己インタビュー 深川雅文

 

2015からめた「ARTxBIKE」のフィナレをえ、したキュレとして、覧会自分意識するためにも、まとめのテクストをしたためておきたい。2017ARTxBIKE加作家さんのインタビュねたつの事柄を、自分自身いかけるというめてみよう。

 

1.覧会についておかせください。

 

絵画くアティストに「なぜ、この風景いたのですか」とね、「この場所から、だけでなく体全体心地よいえて、これをきました」というえがてきたとしたら、なるほどとくことでしょう。自分自身ではかないキュレは、この位置にいることはできませんが、この覧会しては、たようなえをしてもおかしくはないといます。そこが、これまでしてきた様々覧会とはきくなります。こうえることができるでしょう。「ロドバイクでっていたら、体全体しがたい心地よいえて、この覧会しました」、と。つまり、身体的がこの覧会根底にあったのです。

 

っているは、そのかなびにされ、えているアトやテクノロジ事柄自分きている文化のことはからっています。そして、あるからりてから、そうした事柄にキュレとしてえをらしていたに、=バイクが、覧会としてにやおら浮上した、というのがらざる真実なのです。アトとデザイン、そしてテクノロジ動向は、キュレとしての自分にとって、中心的にありました。スマトフォンの普及される21世紀ってからのデジタル化社急速進展たりにしながら、200年前まれた、技術としてはオルドな走行装置であるが、らがしたその身体的可能性とともに、いわば、iPhoneしうる潜在力った道具として、しいきをってえてきたのでした。

とア?」という怪訝は、おそらく、19世紀詩人でもあったあのロトレアモン伯爵有名詩句いたい「解剖台のミシンとこうもり?」くらいに、奇妙連想だとわれたかもしれません。 「とアト」とにした瞬間に、あの作品きく姿してきました。マルセルデュシャンの「車輪(1913)です。デュシャンの芸術上革新核心をなす「レディメイド」の初期作品として美術史上燦然問題作つがびついていたのです。とアトの、これほどしくそしてシュルなマリアジュはありません

 

そこから、とアトという座標軸上に、アトとデザインそしてテクノロジがれる万華鏡的風景がってきました。そうした視点でアトの史的展開ると、は、様々仕方芸術家たちとわっていたこともえてきました。、ジャコモバッラがいた疾走する絵画、ブラマンクやリュオネルファイニンガなどたちのへの熱狂、バウハウスでのカンディンスキたちがしばしばデッサンにいた、そのバウハウスでまれた世界鋼管パイプ椅子考案したブロイヤのインスピレーションはっているにそのフレムを形作鋼管パイプを椅子骨格使ってはといついたことにしている、です。

 

は、アティストにとって、インスピレションの火点となりうる不可思議存在であったのです。であれば、をテマにして、現代のアティストたちがどのような触発け、にするのだろうか、それをてみたい。これがこの覧会のアイデアのでした。そこに、しロドバイクのレとしての経験かな智者であり、アティストで工房親でアトディレクタしくめてこられたクボタタケオさんとのいがあり、投合してこの覧会のものとなったのです。

 

2.という存在は、あなたにとって、いかなる存在ですか

 

 

 

… 記事の全容は コチラ からご覧ください! …

 

 

 


スポンサーサイト

  • 2017.11.17 Friday
  • -
  • 14:23
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
a
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Recent Posts

links

search this site.

sponsored links

mobile

qrcode

powered

        みんなのブログポータル JUGEM