刺激的な夏

みなさま今年の夏はいかがお過ごしでしょうか?

今年の夏は曇り空の日が多いようですが、街に出ると家族や友人、恋人と出かけている人々で賑わっています。

 

工房親も6日から夏休みに入りました。

 

 

 

夏休み初日

 

 

 

本駒込で開催されていた知り合いの展示を観に行った後、国際展示場に向かい「真夏のデザインフェスタ」を観てきました。

 

 

 

 

デザインフェスタではアーティスト、クリエイター、デザイナーなどと呼ばれる方たちが多く出展されています。

老若男女、個人、団体問わずにそれぞれの作品や商品を紹介します。

 

 

 

 

学生の頃はよく観に行ったり、参加したこともありましたが今回は約3年ぶりでした。

 

 

 

出展している側はいかに自分の作品の魅力を伝えるか、自分の可能性を見出すためにさまざまなアピール方法で来場者を引き付けます。

また観ている側も純粋にその場を楽しむ方やいかに魅力的な作品・作家に出会えるか、念入りに会場内を回る方もいます。

 

私も知り合いのブースに顔を出した後、会場内を回りながらはじめましての方とも何人かお話させていただきました。

それぞれの作品に対する想いやこれまでの活動のこと、これからの活動のこと、さまざまな意見や経験を聞く機会となりました。

ギャラリーに勤める人間として、ときには作品を作る作家として、共感できる部分や参考になる部分などとても良い刺激を受けました。

 

いわゆるギャラリー空間とはちがいますが、やはり想いを持って作る作家、あるいは想いを込めて作られた作品が在る場というのは、その作った作家にとっても、それを観る鑑賞者にとっても、それらを通してまた新たな感情や表現が生まれる場であると感じました。

 

そうして受けた刺激や生まれた活力を夏休み後の工房親や自身の制作でも発揮したいと思っています。

 

 

 

みなさんはこの夏、なにか刺激的な出来事はありましたか?

 

それでは引き続き楽しい夏をお過ごしください!

 

上野さえ加


スポンサーサイト

  • 2017.12.08 Friday
  • -
  • 16:40
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
a
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Recent Posts

links

search this site.

sponsored links

mobile

qrcode

powered

        みんなのブログポータル JUGEM