上半期を振り返る

2017年も8月に入った。

 

上半期の展示を振り返ってみる。

 

 

 

1月13日〜1月29日

春韻

架菜梨案小林翼鈴木敦子・清田悠紀子堀部由佳子渡邊光

 

 

***

 

 

ここ年、工房親ではこの展示が新年のスタ

今年も新年の清々しさと華やかさがわってくる展示だった。

 

 

 

2月8日〜2月26日 寿映像祭加展示

My Dear Saha

陽子

 

 

***

 

 

ジオラマのような、映の模型のような作品の展示には山の方てくださった。

 

 

 

3月9日〜3月13日

39@rt

イトウユキ上野さえ加GAI屑流あくあ春田美咲・BLUE安田拓郎・山岡碧

 

 

***

 

 

若さがグルブした展示。刺激をもらった。

 

 

 

4月11日〜4月26日

抽象と具象の間

きたじまたかし杉村紗季子根石美和

 

 

***

 

 

初の上野さんによる本格的な企

工房親には初しい展示に多くの人が好感を持った。

 

 

 

5月13日〜5月28日

CONTRAST Japan’s Potential

中西寿美江西川雅典

 

 

***

 

 

東京藝術大院で同期として共に漆をんだ二人。しかし院卒業後は作品にしてのアプロチや制作方法も違いほとんどわずにいたと聞く。この展示をきっかけに1年に1度はをしよう!となったみたい。

おおいにこれからの日本の漆や美術界を盛り上げていってほしいものだ。

 

 

 

6月10日〜6月25日

CORRESPONDENCE/LANDSCAPE 017Part-1

西山功一山神

 

 

***

 

 

山神さんと西山さん、一見するとかなり違う視点かと思いきや二人の生面目な探究心は共通していることに付かされた。

 

 

 

7月8日〜7月23日

CORRESPONDENCE/LANDSCAPE 017Part-2

大塚勉鬼頭明稚

 

 

***

 

 

偶然にも二人共、故にピントをあてて制作。そんな故への思いが感じられる展示となった。

 

 

 

の詳しい展示についてや作家の事は過去の記事にインタビュなどを載せているのでごいただきたい。

 

 

 

のせいか年時の流れは恐ろしく早く感じる。

ただこれは年だけでなく世の中のスピド、複さが拍車をかけているようにも思える。溢れるほどの情報やスピドの速さについていけなくなり人の中にはイライラしたりおおらかさや容さを失くしている人もえているようだ。

そんな流れの中で工房親では初心を忘れずゆったりと人や生命に優しく接していくための文化をいでいきたい。

 

8月6日からの夏休みにおおいにのんびり過ごし、リフレッシュしたいと考えている。

 

、親のプロジェクト「LOOP」のの作品制作を鬼頭さんが工房親にて公開制作なさる。

 

 

日時はhttp://www.kobochika.com/homepage/html/kito.htmlをご照の上、お気軽にお立ち寄りください。

 

馬場隆子


スポンサーサイト

  • 2017.08.19 Saturday
  • -
  • 15:26
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
a
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Recent Posts

links

search this site.

sponsored links

mobile

qrcode

powered

        みんなのブログポータル JUGEM