CORRESPONDENCE/LANDSCAPE 017 を振り返る

本展は工房親で20年以上に渡り企されけられた写真や映像を中心に風景をテマにした展覧会です。

今回はPart-1とPart-2の構成でした。

特に今回は絵画写真比させ、方の特質を引き出し、風景表現の異なりにも調和の空間を生み出そうとしました。

 

Part-1では家の山神氏と写真家の西山氏、Part-2では家の鬼頭氏と写真家の大塚氏の組み合わせでした。

いかにも写真らしい西山氏の光を捉えた作品はオソドックスながらその美しさをし出していました。それにし、物を軸とした心象風景の山神氏のさりげなさにある深さと絵画特有なハモニが際立ちました。

 

 

西山功一

 

 

山神

 

 

作者のルツを見て取れた鬼頭氏の絵画世界の展開も豊なものでした。

素朴な描法にせて、現の場を精神の場に昇華させていました。

山神氏と鬼頭氏の絵画から、者の原風景として位置付けることが出る要素をく感じとれます。

大塚氏の写真、今回は氏の他の写真表現にあってもスタンダドなスタイルではありましたが、作者と風景と場とのわりに本展のサブタイトルであるself-scapeを具現していました。一見、あっけらかんとしているかに見える写真画面、注視すれば、そのこだわりと技術力の高さをみてとれました。

 

 

鬼頭明稚

 

 

大塚勉

 

 

覧会全体ではそれぞれの原風景と呼ぶにふさわしい要素がそれぞれのカタチとしてあぶり出された感があります。

これは革新や前衛の斬新さやエネルギとは別ながら、やはり今後の風景表現の核をなしけることになると思います。

 

トディレクタ クボタタケオ

写真 上野さえ加〕


スポンサーサイト

  • 2017.08.19 Saturday
  • -
  • 16:33
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
a
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Recent Posts

links

search this site.

sponsored links

mobile

qrcode

powered

        みんなのブログポータル JUGEM