【明日より開催】CORRESPONDENCE/LANDSCAPE 017・Part-2

7月に入り、暑さもしくなってきました。

 

 

 

工房親では明日より2017年上半期最後の展示「CORRESPONDENCE/LANDSCAPE 017Part-2」がスタします。

 

 

 

 

前回同写真絵画の二人展となります。

Part-2では大塚勉(写真)と鬼頭明稚(絵画)をご紹介いたします。

 

 

 

7月6

 

「CORRESPONDENCE/LANDSCAPE 017Part-2」の搬入が行われました。

 

 

 

鬼頭さんは大作を制作くださり車での搬入。

 

 

 

 

この頃は雨天きでしたが昨日の東京は晴れ。天も味方し無事にに運び入れました。

 

 

 

 

 

大塚勉さんは工房親でははじめての展示となりますがベテランなだけあって設も手慣れたご子。

 

 

 

 

 

 

互いのバランスを見ながら作品の位置などを決定し、次と作品が壁に設されていきました。

 

 

 

 

 

 

 

おおかた作品たちが並んだところでこの展示のアトディレクタを務めるクボタさんが登場。

 

調整を加えて展示空間が仕上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

大塚さんは普段から主としてしている作品たちとは違い、自身の生まれた町、東京浦安を撮影した風景写真

また鬼頭さんも近年の工房親でのでは抽象が多かったが、自身が少年時代を過ごした田の風景を描いた作品でくださる。

 

同じ風景でも、写真絵画モノクロと色彩ある面、そして捉える視点による違いは明確でありつつもすっきりとまとまりある空間となっております。

 

 

 

 

開催初日となる明日8日の 18:0020:00にはOPENING PARTY も行われ、作家二人も在廊しております。

どなたさまでも自由にご加いただけますので是非お立ち寄りください。

 

上野さえ加


スポンサーサイト

  • 2017.07.14 Friday
  • -
  • 16:52
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
a
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Recent Posts

links

search this site.

sponsored links

mobile

qrcode

powered

        みんなのブログポータル JUGEM