10月8日 恵比寿文化祭アートバスツアー & ぐい飲み制作WS風景


10月8日(土)は二つのイベントが行われました。


まず一つ目は、恵比寿ガーデンプレイスさんが主催で行った「恵比寿文化祭」、その中の1つの企画として恵比寿のギャラリーを巡る「ART BUS(アートバス)」というツアーが8日にあり、多くの方がご来場下さいました。

恵比寿文化祭 http://gardenplace.jp/sp/ebisubunkasai.html
ART BUS    http://gardenplace.jp/event/ebisubunkasai_artbus.html

バスガイド(下の写真一番左):
高橋智子さん(アートコーディネーター/ NPO 法人コンテンポラリー・アート・イン・東京フェロー)


 


「アートバス」といっても実際にバスでまわるわけではなく、徒歩で恵比寿界隈のギャラリーやユニークスポットを巡るツアーです。

完璧なコスプレで誘導する高橋さんは、傍から見たら本当にオシャレなプロのガイドさんのようで、そんな高橋さんが若い方をゾロゾロと連れて歩く様子をみるだけでも「あぁ、恵比寿って面白い街だな」と感じられました。




中央にいるのが作家の小田さんです。






皆さんとても熱心に、そして丁寧に見てくださいました。

「あの錠前は本当にステキだった」
「繊細さと独特のユーモアのある作品だった」

という感想もツアー終了後に高橋さんからお聞きし、これをきっかけにまたふらっと寄ってくださると嬉しいです。





8日はツアー後に、「大人の為の初めての鍛金!ぐい飲み制作」のワークショップも行いました。




普段は看板やDM台がある入口を片付け、特設アトリエに変身です。





まず初めに小田さんによるデモンストレーション。
みなさん失敗しないように真剣な眼差しで見ていますね。









小田さんにアドバイスを受けながら、みなさんトントン、カンカン叩いていきます。
作業中、音につられて「なにやってるんだ?」と見物に来る方もちらほらいました。










形ができたら洗浄して完成です。
作業時間はちょうど2時間ほどで、小田さんも驚くほどみなさん綺麗に出来上がりました。


最後にできたてほやほやのmy ぐい飲みでみんな一杯!





「世界に一つだし、記念にどうやって飾ろうかな」なんていう方もいて、とても楽しんでくださったようでした。




10月16日(日)には「親子で楽しむ初めての鍛金!マドラー制作」も行います。
14:00〜16:00  参加費3500円(親子一組分)

もちろんお一人の参加でも大丈夫です!
まだ人数に余裕がありますし、鍛金ワークショップなんてそうはない機会なのでみなさんもぜひ♪


※今週は特別に「ぐい飲みの作り方と道具」もブログで紹介します



坂井 俊之

スポンサーサイト

  • 2020.07.24 Friday
  • -
  • 17:45
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
a
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Recent Posts



Archives

links

search this site.

sponsored links

mobile

qrcode

powered

        みんなのブログポータル JUGEM