深川雅文氏インタビュー

恵比寿映像祭・地域連携プログラムがはじまって以来、工房親は写真や映像などで毎年参加させていただいています。

 

今年は初めて深川さんのキュレーションで相模智之の写真展をご紹介しています。

長年勤務していらした美術館を離れ、フリーになられた深川さんと特にお得意分野の写真、映像でご一緒させていただき大変嬉しく思っています。

 

 

 

 

 

 

今回はそんな深川雅文さんにインタビューを行いました。

 

 

 

〆2鵑留覗祭の全体のテーマは「インヴィジブル」、相模智之のタイトルは「Behind Closed Doors」。まさに目に見えない扉の背後にある作品を展示。写真の持つ力というか、本物の見え方を感じますが、深川さんはその辺りは相模さんを選ぶ時にどのように感じられたのでしょうか?

 

相模さんの作品については、三〜四年ほど前に、相模さんから電話で連絡をいただき、見てもらいたいのですがという申し出をいただき、まとまった数を見せてもらったことがありました。内容的には気になる作品でしたが、どのようにまとめて見せたらいいのかを考えないといけない作品であると感じまして、そのことを相模さんに伝えた覚えがあります。実際に展示して見ないとわからない部分が大きな未知数の作品で挑戦のしがいのある作品でしたので、機会があったら展示して、自分も見てみたいなという気持ちがどこかにずっとあったと思います。そこで、しばらくは、僕の心の作品収蔵庫に保管されていたわけですが、2016年のシュタイデル・ブックアワード・ジャパンを授賞しましたという知らせを相模さんからいただきまして、それはおめでたいし、だったら、写真集の出版だけでなく、展示してみたらいいなという気持ちが強くなり、相模さんに、展覧会をやりませんか、しかも、せっかくなので恵比寿映像祭参加の展覧会として、とお声がけしたのです。それが、おそらく1年半くらい前の話ですかね。その時は、第10回恵比寿映像祭のテーマはまだ公表されてなかったのですが、面白く奥深い作品であれば、お尋ねの言葉をお借りしますと「本物の見え方」をしていれば、どのようなテーマにしてもこの作品なら対応できると考えていましたし、大きな映像祭ですので、あまり特殊なテーマは想像できず、ある程度、幅のあるテーマが掲げられるでしょうから、大丈夫だと。で、しばらくして、テーマが「インヴィジブル」ということが知らされました。それを聞いた時は、相模さんの作品の内容とあまりにもシンクロしていて、二人でびっくりしました。嬉しい驚きでした。そこから、タイトルを相模さんと考え始めました。相模さんからいくつか提案をもらい、話し合いながら自然と「Behind Closed Doors」に落ち着きました。

 

 

 

12年かけて2万点以上撮られた中からの153点。それをブロックごとにグリッド状に構成して展示する。このような形になさるのに何か理由があったのでしょうか?またそれは深川さんと相模さんで決められたのでしょうか?

 

先ほどお話ししましたように、どのように展示するのかがこの作品の大きな課題でした。最初に見せてもらった時の相模さんのプレゼンテーションでは、かなりタイポロジー的な思考が強いものでした。撮られている対象の種類、撮り方を見ると、確かに、タイポロジカルな展示がまず浮かんでくるのかもしれないのですが、僕は、それは少しその内容に合ってないという印象を受けていましたので、展示の仕方を考えないといけないということを相模さんにお伝えした記憶があります。で、実際に展示することになって、相模さんは改めて自分の膨大な作品に向き合って、作品と対話を進めていきました。グリッドで構成する写真の展示コンセプトは、2月10日に行いましたトークの中でお話ししましたように(先週のブログをごらんください)、ベッヒャー夫妻のタイポロジーが切り開いたものです。それに敬意を表しつつも、そこから脱却していくという方向性の展示ができないかと相模さんと話しながら、最終的には、ベッヒャー的なタイポロジーとは異なる志向を持ったグリッド展示に成長していきました。展覧会を決めてから実際の展示まで、約1年間ありましたので、その間で、相模さんの中で、シュタイデル・ブック・アウォードに提出する写真集の編集作業を経た上で、さらに自らの作品の中に入り込んで、展示の実験を積み重ねることができ、それがこのような形で結実したのではないかと思います。

 

 

 

 

 

A衞呂気鵑魯轡絅織ぅ妊襯屮奪アワードを受賞なさりシュタイデルから2018年または2019年頃に写真集が出ることになっていますがその後の相模さんの制作に期待することや方向性への希望などはございますか?

 

シュタイデルと相模さんとの共同作業となる写真集の出版は本当に楽しみです。

 

その内容の詰めは、これからだと聞いていますので、おそらく、今回の展示に至るまでの自らの作品との対話が新たに反映されるのではないかと期待しています。その写真集を、この展覧会で一緒に展示したかったのですが、お楽しみはこれから、ということで待ちましょう。12年かけて撮り続けてきたこのシリーズは、もちろん、これで終わるわけではなく、さらに続けていくことに大きな意義があるでしょう。これは、相模さんのライフワークとなると思います。アジェは、パリを一体、何年間撮り続けたでしょうか?アジェは写真を始めるのがかなり遅くて40代になってからで、1927年に70歳で亡くなっていますのて、19世紀末から30年以上、パリを歩き回って撮ってたんです。相模さんの年齢の時は、アジェは、まだ写真を撮ってないのですよ。それからすると、12年はまだこれからでしょう。続けていく中で、今回の展示のプロセスがそうであったように、さらに作品が成長していくことを楽しみにしています。日本の社会の風景自体も、これからさらに変貌していくことでしょう。相模さんが撮っている「荘」はいつまでその原型をとどめるのでしょうか?その姿を写真にしていくのは、まさに、写真家の仕事であり生なのです。また、相模さんがこのシリーズと並行して進めてきた作品もかなり蓄積されているということで、未発表の作品群がどのように展開するのかも楽しみにしています。今回の工房親さんでの展示が、いわばジャンピングボードとなって、相模さんの写真世界がさらに広がっていくことを願っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

恵比寿映像祭は東京オリンピックの2020年までは少なくとも活発に行われようとしています。

しかしこのような取り組みは何十年も積み重ねてこそしっかりと文化として根付くと思います。(恵比寿映像祭は今年で10年目)

 

深川さんが先週のブログに書かれたようにインスタなどの軽い写真を超えたものをどんどん出していくためにも、また積極的にご参加下さることを願っています。

 

 

今、冬季オリンピックが開催中ですが日本の選手はかなり頑張っているが古くからの横道なアルペン競技などではまだまだヨーロッパ、アメリカに追い付けていません。彼らの恵まれた環境と歴史に追い付くには時間が必要。

恵比寿を映像の街にするためにはまだまだこれからの努力が大切だと感じています。

 

馬場隆子


都市を遊歩し、採集する写真家

今回の展示作家、相模智之は、本展のパンレットにこう記している。

 

「私は、ライフワークとして、横浜(Y)、川崎(K)、東京(T)、その他近郊(O)で、戦後間も無く建てられ、現在も生活可能な建築物、或いは、その周辺の人々の営みの痕跡を撮っている。」都市の街路に入り込み、やや時代がかった、目立つこともなく何気なく存在する建物たちの外観とその内部に入り込んでカラーで撮影した内観とが、縦位置の小ぶりの複数の写真でグリッド型を組んで規則正しく展示されている。この写真家の仕事をいかに理解すべきか?

 

 

先日行った作家とのトークショーは、その鍵を探し出す小さな旅であった。

 

 

 

その鍵の一つとして、相模は、写真学生時代のスナップのカラー写真をいくつか取り出して見せてくれた。歩く人を後追いするようにして背後から捉えた写真(1)、駐車場に停められた車の写真、やや下からのアングルで捉えた日本家屋のある写真…撮っているものの種類はバラバラであるが、全体として、色彩や色調のあり方に目を配りながら撮影した街路風景と言っていい写真である。色彩や色調で、目の前の風景を再構成するという言い方もできるかもしれない。愛知県の地方都市に育った相模にとって、東京とその近郊の街は、いたるところに目を奪う光景が満ちていた。その魅惑に誘われるようにして、街を撮っていた。

 

(1) 2008 横須賀

 

写真における色彩のあり方へのこだわりは、作家を大胆な旅へと突き動かした。20142月、相模は、思い立って、アメリカの伝説的なカラー写真のパイオニア、ウィリアム・エグルストン(1939年生まれ)をその故郷、テネシー州メンフィスに訪れることにした。エグルストンは、1970年代、モノクロ写真がまだアーティスティックな写真表現で全盛の時期に、独自な色調と構図のスナップショットでカラー写真の新たな可能性を切り開いた。ニューヨークMoMAの写真部門のキュレーター、ジョン・シャカフスキーは、1976年、エグルストンの写真展「William Eggleston's Guide」を企画し、MoMAで初めてのカラー写真による作家の展覧会を行なった。それ以降、カラーでの新たな写真表現に注目して、1981年にキュレーターのサリー・オークレアが企画した展覧会「The New Color Photography」が開催され、同名の写真集が出版された。「ニュー・カラー」という言葉は日本の写真でも注目された。エグルストンは、この動向の中心人物として、写真家たちに大きな影響を与えた。

 

写真学生時代の相模も例外ではなかった。東京綜合写真専門学校の図書室で写真集『William Eggleston’s Guide』に出会い、惹きつけられた。そのエグルストンの写真の秘密を、実際に、現地に赴き、いわばエグルストンに「倣いて」写真を撮影してみたいというのがメンフィス訪問の目的で、エグルストンの写真集に出てくるのと同じ場所を訪れてレンズを向けている(2)。そうして撮った「倣いて」の写真は、エグルストンの写真を実体験し理解するためのいわば「習作」であった。この作業を通して見えてきたのは、エグルストンの写真の成り立ちは極めてシンプルであるが、決して真似のできない天才的な技であるということであった。相模は、幸い、エグルストンに会うことができ、部屋を訪ねて話をすることもできた。エグルストンへの想いは、今回展示されているBehind Closed Doorsの153点の作品の中にも、建物の部分部分の色の使い方、色のコンビネーションなどの細部を丹念に拾い上げる写真が少なくなく、所々に見受けることができる。

 

(2) 2014 メンフィス

 

一点一点の写真の中に、エグルストンに触発された色彩による魔術的なコンポジションという感覚を発揮しつつも、撮っている被写体は、エグルストンとはかなり趣を異にする日本のドメスティックな都市風景である。相模の写真行為に最も特筆すべきは、その集積の度合いである。都市の断片を最終し続ける時間の蓄積の長さと撮影した写真の量の分厚さは圧倒的である。この点では、相模は、都市の光景の自由で執拗な採集者としての写真家の真性な系譜に連なる作家と言えるだろう。

 

その系譜を辿ることは、相模の写真の意味と独自性を理解する上で有効な鍵であるはずだ。そこで、二人と一組の写真の巨人の仕事をプロジェクターで見せて紹介しながら、トークを進めた。

 

1.ウジェーヌ・アジェ パリを中心に、その都市のディテールを大型カメラで採集し続けたアジェの仕事は、他の依頼者からではなく、自らの意志で都市内部を撮り続けた写真家のパイオニアであり、作家として自立した写真家の意識のあり方は、20世紀の都市写真家たちの原点と言っていいだろう。モンパルナス近郊のカンパーニュ・プルミエ通りに面したアジェが住んでいたアパートの側壁につけられたプレートにはこう記されている。「近代写真の父、ウジェーヌ・アジェがこの建物に住んでいました」、と。人気のないアジェの都市光景は、ヴァルター・ベンヤミンをして、アジェは、パリを「犯行現場でも撮るかのように」撮影したとしたためさせた。相模の都市風景にも、人間の姿は皆無である。皆無でありながらも、その光景のディテールには人の気を感じることもできる。アジェは、自らの撮影の被写体を、完璧に体系的に組み立てたとまでは言えないが、撮られたものの中には、シリーズとして採集し続けられたものが多い。例えば、店の軒先、建物内の階段、物売り、などである。それらは、比較のコンテクストを広げている点で、後世のモダニズムの都市写真家たちに大きな指標となった。パリ滞在時代に、アジェのことを知ったアメリカの写真家、ウォーカー・エヴァンズは、その方法を帰国後、アメリカの都市で展開させ、アジェの精神を伝えた。比較のコンテクストを写真で広げるという方法は、20世紀ドイツの人の写真家と一組の写真ユニットによって、さらなる展開を見る。

 

2.アウグスト・ザンダー 第一次世界大戦の敗戦後にドイツで誕生したワイマール共和国を構成する様々な職業人や構成員のポートレートを縦横無尽に撮り続けて採集し、「時代の顔」としてまとめたアウグスト・ザンダーは、都市ではなく人を対象としたが、比較のコンテクストを生み出すというアジェの写真の精神を引き継ぎ、大きく飛躍させた。人々の姿を通して、時代そして国家の姿をあぶり出すという、ザンダーの挑戦的な仕事は、ヒトラー率いるナチスが政権を奪取した後、その写真の暴露力に怖れをなしたナチスによって弾圧を受け、戦中のザンダーは失意の時を過ごすことになった。

 

3. ベルント&ヒラ・ベッヒャー 第二次世界大戦終了後、1950年代に入り、写真表現の領域に比較のコンテクストを形成することを方法論、タイポロジーとして完成させたのが、ドイツの写真芸術家夫妻、ベルント&ヒラ・ベッヒャーである。給水塔、石炭採掘塔、石炭庫、ガスタンク、溶鉱炉など近代から現代にかけて構築された産業構造物(彼らはそれらを「匿名的な彫刻」とも称する)やドイツ独特の木組みの家などを、二人で大型カメラで撮影・採集し続け、それらは、単独の写真で展示することもあるが、多くの場合、一つの種類(タイプ)の被写体の複数の写真をグリッド状に組んで展示するのを特徴としている。彼らは、この展示の形で、個々の撮影内容を比較できるコンテクストを作り出す。

「比較」というが、さらに言えば、ベッヒャーの場合は「極めて厳密な比較」という形容がふさわしい。というのは、彼らは、厳密な比較ができるように、被写体を捉える角度を厳格に守っているからである。正面性は、概念通りの「正面」であり、側面はその正面から正確に90度の角度である、という具合に。この正確性のために、厳密な意味での比較が可能となっているのだ。厳密な意味での「タイポロジー」がベッヒャー夫妻の写真の核心にある。

 

再び、相模のBehind Closed Doorsの作品に戻ろう(3)。ギャラリーに足を踏み入れた人は、グリッド形に組まれた写真を目にして、ベッヒャー的なタイポロジーを思い浮かべるかもしれない。しかし、近づいてよく見ると、ベッヒャー的な厳密な比較のタイポロジーではないことに気づくだろう。一つの同じ種類の被写体が並べられているのは一組だけで、それ以外は、いくつかの種類の被写体が組み合わされている。グリッド状で比較のコンテクストは保たれながらも、採集された都市の断片が、緩やかな形で配置され、様々な抜け道が用意されている。見る者は、自由に、その駒を渡っていくことで、個別のビジョンを全体へと紡ぐ道を進んでいくことができるはずである。全体としては、否応がなく、日本の街の質感を捉えている。アジェのパリがその場所固有の街の質感を伝えてくるのと同じように、である。相模の作品は、都市の写真の歴史の本流に連なりつつ、現代に生きる写真家として、モダニズムの写真を超える抜け道を暗示している。

 

(3) Series [荘] 2008〜2015 より

 

相模のカラーの作品は、流行りのインスタのような「映え」に決然と背を向けている。普段の意識には「見えない」世界を披瀝し、そこにあるかもしれないリアルへの隙間をさりげなくこじ開ける写真の真の力を示しているのだ。

 

 

深川雅文


相模智之インタビュー

2月1日からスタートした相模智之個展「Behind Closed Doors」

 

 

 

 

恵比寿映像祭もはじまり、ますます盛り上がっていくことを期待しています。

 

明日10日にはキュレーター・深川雅文氏とのトークショー(16:30〜)とオープニングレセプション(18:00〜)が行われます。

ご予約不要、参加費無料、途中参加・退出も可能ですので是非お立ち寄りくださいませ。

 

 

 

 

 

さて、今回はご紹介中の写真家・相模智之さんにインタビューを行いました。

 

 

 

ー命燭鮖りはじめた時期やきっかけは?

 

写真を撮り始めた時期は憶えていませんが、自分からフィルムを買って撮り始めたのは、おそらく高校の時だったと思います。どこかに旅行に行く為にカメラを準備して出かけた憶えがあります。

子どもの頃からいつでもどこでも景色が見れる窓側席にいつも座っていたような記憶があります。

その頃から町の景色を見ることが好きだった為か、カメラで写真を撮ることは必然だったのかも知れません。

 

 

 

活動の中でのテーマや目指すところを教えてください。

 

今回の展示の写真も含めて、このシリーズは約12年継続してるものです。

戦後半世紀以上も経過した建築物と、そこに暮らす人々の営みの痕跡を記録するコンセプトのもと撮り溜めたものなので、将来的には一つのアーカイブとして形になれば良いと思ってます。

 

 

 

今回展示の話が来てから開催までどのような心持ちでしたか?

 

展覧会の話を企画者である深川雅文さんから頂いたのが開催から1年以上前だったこともあり、時間的に余裕を持って挑むことが出来ました。話の中でシュタイデルブックアワードで提出した作品と関連した展覧会と言うことだったので、まずはギャラリーの空間をイメージしながら、ダミーブックを見直していきました。

同時に映像祭のテーマであるInvisible(見えないもの)を考えながら、タイトルBehind Closed Doorsを決めました。これは見えなくなっている人々の生活の痕跡を写真を通じて見せていく考えからきています。ダミーブックは記録的な意味合いが強いのに対して、展示では、その見えないものを浮上させる試みでもあります。

このような考えのもと、深川さんとのやりとりを通じて開催に至りました。

 

 

 

し暖羲映像祭というイベントについての感想をお聞かせください。

 

私自身、恵比寿映像祭に訪れたことはまだないのですが、東京都写真美術館以外にも近隣ギャラリーなどが参加していて、映像祭のテーマをもとに各会場を活かして、それぞれの表現を見ることができて面白いと思います。

その中の一つに参加させて頂き、大変嬉しく思います。是非、工房親の空間を見て頂けたらと思っております。

 

 

 

タ靴靴取り組みたいことや今後の活動についてお聞かせください。

 

近い話で言いますと、ドイツに行き、写真集のデザイン、編集をシュタイデル氏と作り上げていく予定です。

今はこれが最優先事項ですが、これが終わりましたら、2008年頃からネガカラーで撮影を継続している別のシリーズがあるので、それを近いうちにまとめて、発表できればと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

12年間で撮り溜めた数万枚の写真の中から選ばれた153枚の写真たちはどのような意味を持つのか。

観る人によって捉え方が変わる景色に私たちも楽しくご紹介させていただいております。

 

 

相模智之さん在廊日はお電話にてお問い合わせください。

03-3449-9271

 

 

上野さえ加


| 1/149PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

Recent Posts

links

search this site.

sponsored links

mobile

qrcode

powered

        みんなのブログポータル JUGEM