七夕

今年、東京は7月に入って日照時間が本当に少ない。夏野菜の生育が悪かったり洗濯物が干せず室内干し用の扇風機が売れていたりと様々な場面で影響が出ている。

 

七夕の日もすっきりしていなかった。そんな中で以下のような便りを頂いた。

***

 

派手好きなお江戸の住民は、天下泰平の世の中で、いかように七夕を祝っていたのだろう。所有する浮世絵版画をさがす。やはりあった。“江戸百景、市中繁栄七夕祭”とされる、添付した広重の浮世絵がそれ。 我々が記憶する七夕は、“ささのは さらさら のきばにゆれる おほしさま きらきら きんぎん すなご” 小学一年の一学期も間もなく終わり、夏休みという頃、めいめいが笹の小枝を学校へ持ち込み、短冊に希望することを書き、笹の枝に結んだ。短冊は歌のような五色など無く、ただ白い紙を長方形に切っただけだが、それでも素晴らしいと立てかけた。その笹を皆が見上げていた。敗戦直前の小学校授業と鮮明に記憶する。

 

 

では浮世絵が残す江戸時代の七夕はと、しさいに見る。目立つのは、そろばん、大福帳、さらに千両箱、酒樽、切ったスイカやタイが長い笹にくくりつけられ風にそよぐ。遠くには江戸城が、さらに遠方には富士山のシルエットが、ここは江戸風景と示す。江戸の住民の願い事は、お金を得ることで、商売繁盛を七夕の最大目的としたようだ。どこにも精神性のある願い事の様子は垣間見えない。 現在でも、七夕笹をまず最初に立てかけるのが、デパートと言われるゆえんが、江戸時代の商人気質を引き継ぐのだろう。ある新聞のコラムが本日取り上げていたのが小学生が書いた短冊。そこには“日本の総理大臣は英語がわかる人になってほしい”とあったとか。

 

七夕伝説は中国渡り。中國では織姫が豪華な牛車に乗って、どうどうと牽牛の所に行く、そうな。それが日本では合わないようで、牽牛が織姫のところへと渡るに変えられた。それも宮中の節会となり、子女の学問、技芸の上達を願う行事として広まる。短冊にも子女が競って願望を文芸的に表現し、うるおいのある風俗行事を発達させた、と平凡社、大百科事典は解説する。 となると広重はなにを写したのだろう。商人はまず、やはり金銭をと願っていたのか。 万葉集にも七夕や、たなばたつめ(織女)を主題にした短歌、長歌が見られる。“我が背子にうら恋ひ居れば天の川夜舟漕ぐなる梶の音聞こゆ”“ 織姫が川岸で牽牛を恋しく待っていると、夜舟を牽牛が漕いでやってくる、その梶の音が聞こえてくる、と、日本的転化がよくわかる。それでも奈良時代までは文芸的向上の願いなどは未だなく、織姫と牽牛の恋の物語。

 

かように七夕はその時代による変遷を得た。はたして現代、さらに未来にはいか様な変貌を遂げながら日本文化に落ち着くのか、興味ある七夕だ。近時は笹など入手しがたい。そこで売り出されているのがプラスチック製の人造笹。昨日の大阪G20で、米国抜きの合意がなされたパリ協定では、この人造笹の処分にも気を遣うはず。どうする、未来の日本の子供たち?  

 

***

 

梅雨明けは来週以降になりそうだ。

 

馬場隆子


藤崎美和「さわって集める」(フレンチレストラン「かえりやま」) 

工房親で初めてご紹介する作家、藤崎美和の展示「さわって集める」を「かえりやま」で開催しています。和紙の上描かれたドローイングや、フロッタージュ、幾重にも重なったコラージュが店内を爽やかに彩っています。是非、お楽しみくださいませ。8月30日まで開催中です。今回は藤崎美和さんによる本展についてのコメントを紹介いたします。

 

▲DMイメージ

 

藤崎美和「さわって集める」
会期 | 6月1日(土) - 8月30日(金)
会場 | フレンチレストラン「かえりやま」
住所 | 東京都港区赤坂2-12-11 シャルマン赤坂 1F
TEL | 03-3583-5610
アクセス | 銀座線溜池山王駅 徒歩1分
定休日 | 日曜日・祝祭日
website | http://french-kaeriyama.com 

【Lunch Time】 11:30〜14:00(L.O 14:00)
【Dinner Time】 18:00〜21:30(L.O 21:30) 

 

*****

 

6月1日から8月31日までの夏の間、レストランかえりやまにて作品の展示をしています。

今回の展示には過去作品と今年制作した作品を用意しました。

 

和紙などの紙と色鉛筆を使い、フロッタージュ(凹凸を擦り出す)を用いて制作をしています。

さらにその擦り出したパーツを組み合わせてコラージュ(再構成)し作品になります。

フロッタージュは擦り出した対象の一部をそのまま写し取る事が出来ます。

フロッタージュした紙の裏にも、ものの存在を感じる事が出来ると思い見た人が想像の余地のあるものが出来上がる気がします。

タイトルの【さわって集める】はシンプルに自分の行為を表現しました。普段集めているフロッタージュを中心にコラージュ作品を展示します。

 

▲「イメージの連想#9」和紙、色鉛筆 (2018)

 

▲「イロアミ」和紙、トレーシングペーパー、色鉛筆  (2019)

 

レストランでの展示は初めてでしたので作品のレイアウトに悩みました。

窓や鏡の間の壁、お客様が座った時の目線の高さ、お店の中を歩いた時に作品を見る時、色々イメージしながら展示作業をしました。

 

 

▲「とうか」和紙、トレーシングペーパー、色鉛筆  (2019)

 

奥の個室のテーブル脇の作品は小さくて控えめです。お話をしながら人と人との間にちょこんと作品がいてくれるといいなと思います。

 

▲奥の個室の展示風景 「イメージの連想#6」和紙、色鉛筆  (2018)「かさね」和紙、トレーシングペーパー、色鉛筆(2019)

 

 

アンケート回答の方へのノベルティとして、ポストカードを準備しました。

紙にこだわって耳付きの厚手の和紙を使用して、なるべく作品の雰囲気が再現出るようにしました。ぜひアンケートに回答ください。

 

▲(左)「イメージの連想#5」(右)「イメージの連想#4」和紙、色鉛筆(2018)

 

ギャラリーと違い既にあるお店の雰囲気に作品が馴染んでくれるといいなと思います。

美味しい食事を食べながら作品も楽しんでください。

 

藤崎美和

 

▲DMイメージ

 

藤崎美和「さわって集める」
会期 | 6月1日(土) - 8月30日(金)
会場 | 仏蘭西レストラン「かえりやま」
住所 | 東京都港区赤坂2-12-11 シャルマン赤坂 1F
TEL | 03-3583-5610
アクセス | 銀座線溜池山王駅 徒歩1分
定休日 | 日曜日・祝祭日
website | http://french-kaeriyama.com 

【Lunch Time】 11:30〜14:00(L.O 14:00)
【Dinner Time】 18:00〜21:30(L.O 21:30) 

 


明日7/6 閉幕 長谷川誠 個展

「東京には空がない」とは、高村光太郎の有名な「智恵子抄」の言葉だが、大都市に行って気付くのが、大阪でも京都でも中心となる駅のそばから山が見える。東京は、東京駅からは全く山がみえない。

 

そんな、東京 恵比寿に山の連なり、雪の世界、長谷川誠インスタレーション作品「起伏ある風景へ ーあの山は高いですか」を出現させた。

 

以前、幕張かどこかで、室内人工スキー場が出来て都会の人が遠くの山まで行かなくてもスキーが出来ると一時話題になった。現代は科学的に人工雪や氷を作ることも可能だ。しかし、彼は雪や山、氷のそっくりさんを造形する事や再現することが目的では勿論ない。

 

6月8日のレセプショントークで彼は「6月2日までスキーをしていた」と語った。雪・山・自然が彼にとってアートの創造の原点でありモチベーションなのだ。自然に対してのアート(人工物)であり、自然と人が向き合う中で生まれた作品だと強く感じられた。

 

岩手県立美術館で長谷川誠氏の作品を間近でみてきた学芸員さんが今回来場して「一番最初に岩手で彼の雪のインスタレーションに出会った時は良く分からずピンと来なかったが、2度目の今回は楽しく拝見した」と仰った。

 

文章でも音楽でも絵でも所謂アートは受け手の状態で変わる。その人の能力や知識、環境によって評価は変わる。

 

彼のインスタレーションを観た人々は果たしてそのような感想を持たれたのだろうか。

もしよろしければ、こちらよりご感想をお寄せください*(匿名アンケートです)

お待ちしております。

 

長谷川誠は工房親での展示が終わると岩手で展示があります。こちらもインスタレーション作品。晴山倉庫Fine artsという、花巻市 JR晴山駅前にあります。会期は8/17-9/7 まで。

 

晴山倉庫で彼は20mに及ぶインスタレーションを今もコツコツと制作中。

 

●個展「辿りつかない峰」晴山倉庫Fine Arts(花巻)2018年

 

東京では、長谷川誠の会期中、塩田千春やクリスチャン・ボルタンスキーの個展が始まった。どちらもインスタレーション作品でよく知られている作家である。彼らのインスタレーション作品を毎回見るたびに「インスタレーション作品の完成度といのはなかなか難しい」と考えさせられる。また、これを観客に納得させていくには色々な場所での経験を積んでゆく必要があると感じた。

 

長谷川誠の今後のインスタレーション作品を期待している。

 

馬場隆子

 

 

CORRESPONDENCE / LANDSCAPE
― 起伏ある風景へ ―
長谷川誠 個展
2019.6.15( sat )- 7.6( sat )
12 - 7pm( 日曜6pm、最終日5pmまで )
休廊 | 月・火・7/3

詳しくはコチラ


雪と長谷川誠

7月6日(土)まで開催の企画展「CORRESPONDENCE / LANDSCAPE ― 起伏ある風景へ ―」のアートディレクター クボタタケオ氏より今回の展覧会について伺いました。

 

*****

 

 

この1枚の写真から展覧会は始まった。

インスタレーションの一部だが、デリケートな階調がたおやかな起伏を生み出す。

作者長谷川誠に刷り込まれた原景∙∙∙∙∙∙雪景色である。

日本の自然に見られる四季折々の豊かな表情、それらをフロッタージュするかのごと

く、長谷川は静かにそれに対峙している。

なかでも多くの樹々から、そして雪からのインスピレーションは作者の内に深く刻ま

れ蓄積されてきた。

雪の白、この色は長谷川の色だ。作品を通して自然と人とを結びつけるための触媒と

しての色だ。陽光にきらりと光る水滴を含むざらつきのある表面もこの白により純化

される。この白は長谷川の精神そのものとも言える。

今回のインスタレーションは画廊空間を活かして、長谷川独特の白の場を現出させた。

やはり自然光で見るのがベストだ。外光によりその白が微細な陰影の変化の中に浮か

び上がる。何処かの雪景色の再現ではなく、この空間ではの風景を感じながら見る者

はこの白の固まりを目の当たりにする。それは無音、無重量の空間に我々を誘い、そ

の場の時間とともに佇む。

だが、今回の展示では壁の小品との対比はまとまりを見せてはいるが、課題も含む。

ライトの色味が白を奪い、明るいが故の素材感の露出のノイズが我々の白の夢を妨げ

てしまう。今後、この課題をクリアしていくことが長谷川にとっての在り方だろう。

 

 

上の写真は数年前の東京の雪。自転車で雪の白の世界を走り、そして何回も転げた。

長谷川氏もやはり雪と戯れているはずで、そのイメージが重なり合い心地良い親近感

を覚える。

                            クボタタケオ

*****

 

 

CORRESPONDENCE / LANDSCAPE
― 起伏ある風景へ ―
長谷川誠 個展
2019.6.15( sat )- 7.6( sat )
12 - 7pm( 日曜6pm、最終日5pmまで )
休廊 | 月・火・7/3


長谷川誠 アーティストトーク と インタビュー

ーお知らせー

明日6月22日(土)には、岩手より遥々作家 長谷川誠が在廊予定です。

皆さまのご来場お待ちしております!

 

「 作家インタビューと 6/15(

土)アーティストトークについて」

6月15日(土)、あいにくの悪天候の中、長谷川誠のアーティストトークとオープニングを開催した。
長谷川氏は静かに作品の構成や制作過程を語り始めた。1年の内に雪と関係のない月はわずか3〜4ヶ月のみでつい先月の6月2日もをしていたとか。

長谷川誠氏は、雪・山・自然との想いからイメージが膨らむ。以下、作家のトークをその私の感想を述べる。その前に、長谷川さんのこれまでの作品を一部紹介する。森の中の大木の型取りや木の枝を使った立体の造形。ジェッソに鉄筆(スタイラス)で削って森や雪のイメージを出していく平面。氷柱を彷彿させる立体作品。そして、今回のインスタレーション。

 

『森のしずく』2014年 晴山倉庫

 杉の葉、金網、木 他

 

『さまざまな形、さまざまな色』 2018年 工房親 (東京)

「遠い空-07」2018 年 ジェッソ、スタイラス、木 27×38×3.3cm

 

『辿りつかない時へ』2017年 Cyg アートギャラリー (盛岡)

蝋、塩ビ板、木

 

そして、今回決して広い空間ではない画廊室内にあたかも山の一部斜面の出現である。

 

 

 

「CORRESPONDENCE / LANDSCAPE ―起伏ある風景へ― 」2019年 工房親 (東京)

「起伏ある風景へ -あの山は高いですか」ミラーマット(発砲ポリエチレン)、パイプ他

 

まさに「起伏ある風景へ」として、雪におおわれた山の斜面に皆も作品とトークに引き込まれていった。

 

 

長谷川誠は資料として、「白と雪と冬は内密な関係にある白(雪・冬)はあらゆるものをかき消す。雪が足跡をかき消し、道を曖昧にし、音を窒息させ、色彩を隠す。」というガストン・バシュラールの言葉と引用している。

 

前回、私は、長谷川誠氏の作品はある程度の引き算と書いたが、でも雪の中や雪山の下にはたくさんのものがあるのでは?とトークを通して改めて感じた。

 

 

また、トーク後の質問で、イメージとその制作方法についての様々な意見も出た。アーティストにとってまさに「自分のイメージや表現したいものをいかに伝えるか」が問題と感じ、その熱気のままオープニングがスタートした。

 

 

【長谷川誠 インタビュー】

■今年は、インスタレーション作品の発表が3回あるとのことですが各展示について、その関連性をお教えください。

 

東京では都市空間とそこに立ち現れる人の背丈を越えるような自然を想起させる存在の対比、岩手では誰にも気づさかれることなくつくり続ける建築的規模のインスタレーションを考える。

 

 

■工房親のグループ展では、立体作品や平面作品を発表されています。どの作品も共通して、「白」というイメージが非常に強いです。作品を通して「白」をどのように長谷川さんは捉えていらっしゃるのでしょうか。


「白」は気づいたときには使っていた。おそらく自分の中に最初にあった色はモノクロームで白という色はすべてを言い尽くせるものとして記憶のかなり早い時点で存在していた気がする。

 

 

■今回はじめて東京でインスタレーションを発表しましたが、これまで地元 岩手で発表してきた展示と環境面で大きく変わっていると思います。それは、作品の搬入方法から気候の違いもあります。実際展示をしてみて、東京で展示したインスタレーション作品について考えることはありますか?


東京でのインスタレーション展示作業は、最小限の資材(運搬上の現実的ハードル)で最大の効果を出さなければならない難しさがあった。「起伏ある連なり」をつくることは慣れてはいたが材料不足の際に地元では簡単に手に入る農業資材が見つからなかったり修正に手間取ってしまった。しかし概ね岩手での展示と同じ効果が得られたと思っている。なにより離れた空間で同じ「自然」を考えそこに同じ自然をイメージさせる存在を作品として出現させられたことは少し安心している。

 

 

■工房親では、約13年前に個展を開催していますが、その時と今回の個展について時間を経た今考えることはございますでしょうか。


前回13年前の個展展示から時間は経過したが基本的に変わらない部分と平面作品と立体インスタレーションがより緊密に結びついてきている気がする。私にとっての平面絵画も自然のシステムをどこかでトレースしている点でインスタレーションや立体ともそう遠い存在でないことを確認している。

 

 

■今回インスタレーション作品「起伏ある風景へ –あの山は高いですか」と合わせて平面作品「冬の台詞」6点展示しております。

 

「冬の台詞」蝋 300×225mm


岩手ではお土地柄、9月〜6月の間10ヶ月程「雪」に触れるということで、東京にいる私共にとっては冬を感じる期間が長いように感じます。作品「冬の台詞」は「自然をトレース」した作品の一部ということで、どのような自然の風景が長谷川さんには広がっているのでしょうか。また、普段どのような自然体験をされているのかお聞かせください。(文末に長谷川さんが普段見られる風景の写真を載せております。)

 

9月〜6月それは私が冬を想うことができる極端な例えであって岩手に住むものの共通した感覚とは掛け離れるところがあることと思います。私にとってはあの白くどこまでもつづく凍てつく風景を真夏の一二ヶ月の間忘れることができても微かな風の冷たさにも忘却のかなたから冬のよろこびを見出そうとするのかもしれません。

 

「冬の台詞」は冬が紡いだ台詞(せりふ)のようなもので普段自分が描いたりつくりだすものとは違って冬が透かし見えた瞬間のような作品でしょうか。蝋を熱で溶かしあらかじめ用意した型枠に流し込む際にほんの少しのいたずらがもたらす結果としてあたかも氷の表面のような表情を見せることに少し夢中になりました。

 

厳冬期には私の住む盛岡市内を流れる川の一部が凍ったり、水の動きがなくなる川の上流に結氷した部分が広がりその上に雪が積もり陸地と水面の境界が曖昧になる季節も好きです。また逆に春先にもとの水面にもどる過程もつい足がとまる風景の一つです。私がよく春先行く比較的標高の高い残雪期の山でも雪と氷の境が曖昧な部分があり、氷の下に沢水が流れる音を聞きながら足を踏み外さないように進むのも山歩きの常だったりします。春先の山登りは多少山好きということになるかもしれませんが特段かわったことばかりしているのではなく私のまわりにはごく日常にこのような風景はころがっているのです。

 

▼長谷川誠さん の周りの自然環境

 

 

 

 

 

 

CORRESPONDENCE / LANDSCAPE
― 起伏ある風景へ ―
長谷川誠 個展
2019.6.15( sat )- 7.6( sat )
12 - 7pm( 日曜6pm、最終日5pmまで )
休廊 | 月・火・7/3

 

馬場隆子

深川伶華
 


| 1/105PAGES | >>

Recent Posts



Archives

links

search this site.

sponsored links

mobile

qrcode

powered

        みんなのブログポータル JUGEM