「さまざまな形、さまざまな色」作家紹介

先週にき、「さまざまな形、さまざまな色」から作家のインタビュをご紹介いたします。(順不同)

 

 

 

 

 

美乃里

 

 

 

 

 

展示にした感想をお聞かせください

 

作品を制作中、色みました。私自身このような展示などの経験く、作品の方向性やスタイルがまだ確立していないので不安でしたが、完成してみて、新たに自分の中で次の作品への整理がつきました。そして、このようなグルプ展へ加させて頂いた事で、山刺激も頂けました。描いて、誰かに見て頂ける、という機に感謝しながら、また、お誘い頂いた恩師の長谷川誠先生にも感謝して、見た人が少しでも何かを感じて頂ける作品が作れればと思いました。

 

 

作品についてお聞かせください

 

今回の作品は、少女がテマになっているかもしれません。づいたら少女を描いていました。いつも、描いてから自分でもづかされる事が多いのですが、女性のフェミニンさと、迷いや、細さ、力さ、明さや輝きを表現したかったのだと思います。憧れもあったと思います。ただ美しい女性ではなく、どこかかしい、素朴な、飾らない味のある姿を表現したいという思いはありました。ただ、その日の自分の心の態で描けなくなる日があり、嫌な部分も反映されてしまう日もあったので、少した日もありました。

 

 

今後の活動や目標をお聞かせください

 

今回グルプ展へ加させて頂いて、刺激と、新たな制作を考えるきっかけとなりました。作品はどれも未熟で、まだまだけ出したばかりのようなものが多いですが、色と試しながら、見る人にも何か感じて頂けるような、そんな作品が出るよう、化させていけたらと思います。今後も是非またこのような機があれば加し、活動をけていきたいと思います。

 

 

 

 

 

根本篤志

 

 

 

 

展示にした感想をお聞かせください

 

年末の展示には今回で2回目の加になるのですが、こんなにたくさんの方と同じ空間で展示する事はなかなかないので、回調和の取れた展示が出上がることに驚くと共に、加させていただきとても心地よく感じております。

 

 

作品についてお聞かせください

 

今回は1点物を作りたいという思いもあり、普段のリトグラフの作品ではなく、油彩も使った作品にしてみました。なかなか用するというのは難しい痛感したのですが、より良い作品が出るよう精進したいと思います。

 

 

今後の活動や目標をお聞かせください

 

今年もたくさんの方にお世話になりました。このまま進むのではなく、化していく事を厭わず制作をけて生きますので、年の展示でもどうか暖かく見守っていただければと思います。

 

 

 

 

 

野口大地

 

 

 

 

 

展示にした感想をお聞かせください

 

これだけ多くの作家さんの中で自分作品を展示する機はないので、いつもと違う自分の作品のみえ方ができ、新たながありました。とてもしい展示になっていると思います。

 

 

作品についてお聞かせください

 

今回は小作品ですが何枚かにわけて一つの作品を描くことで間に意識を向けることができないかと考え制作しました。

 

 

今後の活動や目標をお聞かせください

 

今後、今回の展示でのみえ方や、感じたことを生かし、より良い作品ができるよう精進します。

 

 

 

 

 

野津晋也

 

 

 

 

 

展示にした感想をお聞かせください

 

よく見ないと見えにくいものもある。でも、じっくり見ると、意外な見があるような…。

「これって、何だろう?」

 

 

作品についてお聞かせください

 

ふとしたはずみで出上がった3つの作品。

この制作年の違うそれぞれの作品を眺めていると、ひとつの連したイメジを表出させることができるのではないかと考えています。

 

 

今後の活動や目標をお聞かせください

 

カミュ「追放と王(新潮文庫)を約20年振りにみ返しました。その中の窪田啓作さんの解に印象的な言葉がありました。

何ものをも希望しないが、また何ものをも諦めない。山頂に絶え間なく石を押しあげる、終りのない無益な苦役

 

 

 

 

 

長谷川誠

 

 

 

 

 

展示にした感想をお聞かせください

 

平面に立体に限られたサイズでありながら各出品者の凝縮された今に出えるところ。冬に向かう時期も好きです。

 

 

作品についてお聞かせください

 

「瞬きの間に」は自然が指し示すさまざまな事象をという魅力的な素材によって重ね合わせながら作品にしています。の厚みを光が透過するとき、どこか自然の中での経験を想起させるのです。

 

 

今後の活動や目標をお聞かせください

 

地元にある農業倉庫でのインスタレションを年前半までに表する予定。

 

 

 

 

 

以上、5名のインタビュを紹介させていただきました。

 

「さまざまな形、さまざまな色」もすところ約2週間となりました。

リピしてて下さるお客もいらっしゃる中、「まだれていない!」という方は是非お見逃しのないようご場お待ちしております。

 

はいよいよラスト5名のインタビュを紹介させていただきます。おしみに!

 

上野


「さまざまな形、さまざまな色」作家紹介

先週にき、「さまざまな形、さまざまな色」から作家のインタビュをご紹介いたします。(順不同)

 

 

 

 

 

押鐘まどか

 

 

 

 

 

展示にした感想をお聞かせください

 

Gallery工房親との年末イベントは長いお付き合いになりますが、回素敵な驚きにちています。

Gallery工房親の心地よい空間にたくさんの作家さんと一に展示するということは今年の展示のコンセプトでも書かれていたように様々な音が奏でるオケストラのようなものですね。

作る時もしかったですが、展示されてからも作家、ギャラリ、そしてお客を含めてセッションなのだとしみじみ感じます。

長い期ですが、響きあうがりのあるセッションとなりますように願っております。

 

 

作品についてお聞かせください

 

「カケアワセルテキスタイル」をコンセプトに、色柄だけではない、素材に織、編、染、縮絨、テキスタイルのさまざまな技法を掛け合わせ、五感をくすぐるデザインテキスタイルを制作しています。

今回は、ペットへの溺愛や、生息環境の破など、本生き物の一種である「人間」がさまざまな欲望にかられ「人間」と「ほかの生き物」を線引きしている現を、組み替えて、可愛くもグロテスクにもアレンジ可能なcreature】と名付けたフカフカしたバッグとして提示しました。

壁面展示の4点は、オリジナルテキスタイルを、1点もののアトピスとして仕上げてています。

テキスタイルの持つかさや質感の豊かさにれていただければと思います。

 

 

今後の活動や目標をお聞かせください

 

ノアがさまざまな種を載せて大洪水をり切ったように、テキスタイルのクリエションにする諸の種をギュッと詰めて【テキスタイルの箱舟】というサフェイスコレクションプロジェクトを本年からスタトしました。

作り手として、デザイナとして、コレクションを少しづつやしテキスタイルの豊かさを皆えていきたいと思っています。

どうぞよろしくお願いします。

http://www.madoka-oshikane

http://www.facebook.com/MadokaOshikane

 

 

 

 

 

日下 芝

 

 

 

 

展示にした感想をお聞かせください

 

新しい試みを生み出す事ができました。新しいライフワク(作品作り)ができたと思っております。

 

 

作品についてお聞かせください

 

「本日の痕跡」制作年月日に紙の上に走らせた痕跡です。

 

 

今後の活動や目標をお聞かせください

 

しばらくは、よりも、安定して制作できる環境をつくりたいです。ここ年、作品の制作時間が、あまり取れなくなってきましたので、改めて日少しでも制作できる環境を作って行こうと思っております。

 

 

 

 

 

田中隆史

 

 

 

 

展示にした感想をお聞かせください

 

多くの作家の方と忘年的な展示としてとらえ、しみに加しております。

 

 

作品についてお聞かせください

 

作品:Happy チップスについて

 

2017年の4月にポテトチップスの原料のジャガイモの不足によりポテトチップスのいくつかの種類が製造停止となりました。

これを受けネットの中ではポテトチップスの格が高騰し、中には216万円の値がつく物もありました。今回はこの現象を

面に定着、ネット社の物の格について考えてみました。

 

 

今後の活動や目標をお聞かせください

 

の中に起こる現象を注意深く察し、日記のように作品として記ればと考えています。

 

 

 

 

 

西山晴

 

 

 

 

展示にした感想をお聞かせください

 

年末の小品展に初めて加させていただいたのが2008年だったと思います。年は10年目にたり、「もうそんなになるのか!」と、自分でも驚いてしまいます。時は作品の方向性についてんでいた時期で、展覧会のブランクが長くなっていたこともあり、、「まずは場探しから」という、言ってみれば「マイナスからのスタト」にあたる時期でした。

あって、親さんで様々な展覧会加させていただくうちに、徐に自分の作品にするスタンスが明確になっていき、迷いがあった「七作家としての自分」にも自信がもてるようになりました。ひとえに、援してくださった馬場さん、藤さん、いつも的確な展示プロデュスをしてくださるクボタさん、なにかとお世話になる上野さんや、これまでの代スタッフのみなさんのおかげです。本にありがとうございます。また、回を重ねるごとにいろいろな作家さんと交流を深めることができ、いつしか親さんでの展示、とくに年末の小品展は、私にとっての大切なホムグラウンドとなりました。

年、展示のたびに新しい見があります。大切な展覧会です。

 

 

作品についてお聞かせください

 

風景や植物をテマに制作してきました。具体的なモチフではなく、架空の風景です。

近年、手法としてとりいれているのが、一見、アトとはなんの係もない告などの印刷物から、空間を構成する要素だけを取り出し、記憶の底の風景の要素に置き換えて、全く別の架空の風景を描き出すことです。今回の作品もそうして制作された一枚で、できあがるまで作者にも結果がわかりません。

「完成」の時は突然訪れます。出上がった絵画との出いは回新鮮です。

 

 

今後の活動や目標をお聞かせください

 

年明け、201816日〜114日まで、六本木Shonanndai Gallery さんにて個展を開催致します。

展示テマはやはり架空の風景で、個の作品を片としてとらえ、展覧会会場という場での風景の再構築を試みます。

作品は展覧会という形で出す予定はありませんが、従来念にとらわれない、自由でモダンなものを作っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

以上、4名のインタビュを紹介させていただきました。

 

12月に入り、ますます寒い日が多くなりますが工房親の空間はしくかな空が流れております。

 

も引きき、各作家のインタビュを紹介させていただきます。おしみに!

 

上野


「さまざまな形、さまざまな色」作家紹介

現在開催中の「さまざまな形、さまざまな色」

 

 

11月17日にはオプニングレセプションを開催しました。

 

 

 

 

 

 

たくさんの作品とたくさんの人に溢れ、終始賑やかでしいとなりました。

 

 

 

 

 

今回はその「さまざまな形、さまざまな色」から作家へインタビュをしましたのでご紹介させていただきます。(順不同)

 

 

 

 

 

雨宮 透

 

 

 

 

 

展示にした感想をお聞かせください

 

私のような彫刻が皆さんの作品になじむか心配しましたが、クボタさんがうまく展示して下さり、感謝しております。

若い作家さんたちの中に入り、エネルギをもらいました。

 

 

作品についてお聞かせください

 

「白い風

「白い風機

材質はテラコッタ(き)で、女性の頭像を通して透明で爽やかな風を感じて頂けたらと思う。

 

材質はブロンズで、少女の頭像である。からみ出てくる純朴感、意志のさを表現した。

 

「響」

素材は色をしたテラコッタ(い土の素き)で、女性の頭像である。

全体を大きな面で捉え純化し、引き締まった、緊張感のある顔にした。

い土が、その存在感をよりめていると思う。

 

「冬の少女」

材質はブロンズで、冬の日、フドのついたコトを着た少女像で、胸のところで手を組み、無心で立っている。寂な空間を表現した。

 

 

今後の活動や目標をお聞かせください

 

年、9月に立新美術館(乃木坂)で開催される新制作展、年も私の「想い」がつまった、新鮮な作品を目指し、構想を練っているところです。よろしかったら是非、ごください。

 

 

 

 

 

小林正樹

 

 

 

 

 

展示にした感想をお聞かせください

 

様々なジャンルの作家が集まっていますが、それぞれの作品が響きあってやかです。

 

 

作品についてお聞かせください

 

立体作品は統工芸技法を用いて一枚の1ミリ厚の鍮板から金鎚でたたいて絞って制作。

ドロイング作品は、今秋に群馬で表した映像インスタレションのイメジスケッチ。

 

 

今後の活動や目標をお聞かせください

 

私は目的によって様々な表現方法や素材を用いますが、この先もチャレンジしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

さとう陽子

 

 

 

 

 

 

展示にした感想をお聞かせください

 

キャリアのある作家が多く、出品作の質は高い。

の展示空間はシックに仕上がっていて、落ち着いて鑑賞できる。

搬入展示及びオプニング時加作家と話をしたが、各人自分の制作についてに語り、作品づくりをそれぞれかに愛していることがわってきた。

 

 

作品についてお聞かせください

 

生きる上で負の出 ―痛みや悲しみ、不を伴う― は大きなダメとなるが、それらと出るだけして、ぎりぎり美しいもの、豊かなものの方へ作品を立ち上げられたら、と思う。それもやかに。

 

 

今後の活動や目標をお聞かせください

 

2018年、年明け1月9日(火)〜1月20日(土)まで京橋のギャラリ檜BCというで個展をします。120の大きい作品を含む油彩絵画写真作品を展開します。

の出と、どれだけ拮抗できる作品させられるのか、して制作中です。

 

 

 

 

 

中村愛子

 

 

 

 

 

展示にした感想をお聞かせください

 

年末を締めくくる『ヴェベンの第九のような』展覧会という例えに相しく、加された作家それぞれの個性が響き合う素晴らしい交響曲(シンフォニ)、そんな展示の印象を受けました。

 

 

作品についてお聞かせください

 

私はステンドグラスと鉛筆素描による作品で展示に加させて頂きました。
ステンドグラスは周の光に影響される作品なので、天や季節によって見え方が異なってきます。

今回は、冬特の透明な光によく合うものを選んで展示いたしました。ごになって頂けましたら幸いです。

 

 

今後の活動や目標をお聞かせください

 

ステンドグラスの分野を更に究制作するに、年の1月よりフランス立高等工芸美術校のステンドグラス科へと留いたします。
ステンドグラスに留まらず、世界に点在する様々な美しいものと善いものにれ、自身もまたそれを担う一端の描きとなることを目指して創作をけていきたいです。

 

 

 

 

 

以上、4名のインタビュを紹介させていただきました。

 

ひとつひとつ、作家の想いがこもった作品、そして展覧会となっております。

是非お見逃しのないようごご高くださいませ。

 

も引きき、各作家のインタビュを紹介させていただきます。おしみに!

 

上野


| 1/145PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Recent Posts

links

search this site.

sponsored links

mobile

qrcode

powered

        みんなのブログポータル JUGEM